読解問題には、読み方・解き方がある!
なんとなく読み、なんとなく解くことをやめて、論理的な解法を習得してください。

わかりやすい文章の書き方を知っていますか?
作文と小論文の違いがわかりますか?
上手に書くためのコツを学びましょう!

苦手な方歓迎!古文・漢文が、最短時間で、正しく読めるようになるために。文法の知識と読み方とを丁寧に解説します。

慣用句や四字熟語はもちろん、和歌・俳句から文学史まで。国語に関して知っておきたい知識を、わかりやすくまとめてあります。

●国語以外もお任せ下さい!優秀な講師陣が全教科に個別で対応する「フィロソフィア寺子屋教室」も運営しております。
●小論文の持ち込み歓迎!通常授業に通えない方や、短期間で臨時に対策を必要とする方に、個別で小論文指導をします。
●一般向け講座、講演会、セミナーも実施!地域における学術・文化の拠点として、開かれた私塾を目指します。

フィロソフィア国語教室

〒168-0081
東京都杉並区宮前5-20-15

エリア:西荻窪・久我山・吉祥寺・荻窪

TEL/FAX:03-6454-2485

ブログ

夏期講習のご案内

今年度の夏期講習は、宮前・駅前の両教室で以下の日時に開講いたします。

 

  宮前教室 7月25日~8月31日

  駅前教室 8月12日~8月31日

 ※ 寺子屋教室の授業は、駅前教室8月1日~8月31日に開講します。日時は個別に調整いたします。

         講師の都合により、調整が難しい場合も多々ありますことをご了承ください。

   なお、夏期講習講座内の「寺子屋式」の枠でも、寺子屋教室と同様に、

   学年・教科を問わず、可能な限り個々のご要望に即した授業をご提供します。ご検討ください。

 

講座のお申込みは7月1日から承ります。

お電話がつながらずご迷惑をおかけすることが多いので、

なるべくメールでお申込みください。

 

★ 夏期講習 講座一覧

7月25日~27日

9:00~10:30  小学国語基礎A(小1~小4 宮前)

10:30~12:00 小学国語標準A(小4~小6 宮前)

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 宮前)

 

7月29日~31日

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 宮前)

15:00~17:00 現代文読解A(高1~大学受験生 宮前)

17:00~19:00 古文読解A(高1~大学受験生 宮前)

 

8月1日~3日

9:00~10:30  小学国語基礎B(小1~小4 宮前)

10:30~12:00 小学国語発展A(小5~小6 宮前)

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 宮前)

 

8月5日~7日

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 宮前)

15:00~17:00 現代文読解B(高1~大学受験生 宮前)

17:00~19:00 古文読解B(高1~大学受験生 宮前)

 

8月8日~10日

9:00~10:30  小学国語標準B(小4~小6 宮前)

10:30~12:00 小学国語発展B(小5~小6 宮前)

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 宮前)

 

12日~14日

9:00~10:30  小学国語標準①(小4~小6 駅前)

10:30~12:00 小学国語発展①(小5~小6 駅前)

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 駅前)

15:00~17:00 中学国語標準①(中1~中3 駅前)

17:00~19:00 高校国語特訓①(高1~大学受験生 駅前)

 

15日~17日

9:00~10:30  小学国語標準②(小4~小6 駅前)

10:30~12:00 小学国語発展②(小5~小6 駅前)

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 駅前)

15:00~17:00 中学国語標準②(中1~中3 駅前)

17:00~20:00 高校国語特訓②(高1~大学受験生 駅前)

 

19日~21日

9:00~10:30  小学国語基礎C(小1~小4 宮前)

10:30~12:00 小学国語標準C(小4~小6 宮前)

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 宮前)

15:00~17:00 現代文読解C(高1~大学受験生 宮前)

17:00~19:00 古文読解C(高1~大学受験生 宮前)

 

21日~23日

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 駅前)

15:00~17:00 中学国語標準③(中1~中3 駅前)

17:00~20:00 高校国語特訓③(高1~大学受験生 駅前)

 

22日~24日

9:00~10:30  小学国語標準③(小4~小6 駅前)

10:30~12:00 小学国語発展③(小5~小6 駅前)

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 駅前)

 

26日~28日

10:30~12:00 小学国語発展C(小5~小6 宮前)

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 宮前)

15:00~17:00 現代文読解D(高1~大学受験生 宮前)

17:00~19:00 古文読解D(高1~大学受験生 宮前)

 

29日~31日

13:00~15:00 寺子屋式(全学年 駅前)

15:00~17:00 中学国語標準④(中1~中3 駅前)

17:00~20:00 高校国語特訓④(高1~大学受験生 駅前)

 

※ 受験生には個別に日程を調整し、志望校対策授業を実施します。

 

★ 夏期講習 受講料

 

120分授業    ・・・  4000円(1コマ)

 90分×3日講座 ・・・  9000円

120分×3日講座 ・・・ 12000円

180分×3日講座 ・・・ 18000円

 

※ 新規お申込みの方は他に入塾料5000円が必要です。

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2019年6月29日 18時36分

新規入塾制限のお知らせ

西荻駅前教室では、一時的に新規入塾の募集をとりやめております。

再開まで少々お待ちください。

宮前教室では引き続き新規入塾を受け付けております。

ご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ  投稿日時: 2019年6月24日 17時49分

西荻駅前教室日記(16)

早くも学期末が近づいてきました。

 

「作文教室」では、学期末恒例「2000字作文」作文の草稿作りに取り組みました。

 

テーマは自由。となると、まさに水を得た魚のように「じゃあ、あれを書きたい!」とすぐに書きたいものを思いつく子と「何を書けばよいかわからない・・・」と、焦りだす子に分かれます。

 

そこで、今回は作文の「ジャンル」について説明をした後で、それぞれが書きたいことをメモ書きしてもらいながら授業を進めました。

 

まずは、プリントに「感想文」「意見文」「小説」「紹介文」・・・など、文章の大まかなジャンル分けと、その特徴や書き方案を示し、

さらに「最近がんばったこと」「本当の○○とは何か」「SF」「じぶんの好きなものの魅力について」・・・といった、各ジャンルの内容を少しだけ具体化した単語群を用意して、

もしも自分がそのジャンルで書くなら、どんなものを書くかを考えてもらいます。

 

プリントから自分なりに発想を得る子もいれば、「SFってなぁに?」などと、質問をしてくれる子もいます。

 

そしてそんな質問こそ、新しい発想のチャンス!

 

「SFはサイエンスフィクション、科学的な空想小説だよ。たとえば、ふしぎな博士がなぞの薬を発明したとして・・・」とわたしが少し話をすると・・・

「その薬を飲んだ人間がみんな小さくなったりとか?」「いやいや、薬は失敗作で人間は絶滅しちゃうんだよ」

と、こどもたちが途中で口をはさんで(笑)、どんどん続きを考えてくれます。

「もし、人間が絶滅したら、その後の地球はどうなるだろう?」

なかなかテーマが決まらない子が発言したのに続いて、私が話を促すと・・、

「じつは一人だけ生き残っていて、その人がね・・・」

 

と、いつのまにやらSFの原案が出来上がってくるというわけです。

 

最初は「2000字なんて書けないよー」と言っていた子も、テーマが決まり、原稿用紙に向かえばおしゃべりをピタッと止めて自分の創作世界へすっと入り込んでいきます。この時の没入感はすごい。

書きたいことを、好きな文体で表現できるのはやっぱりうれしいものだよなぁと再認識します。

 

私はとなりで子どもたちの姿を見ながらつくづく、人が何かをつくっている時の横顔が好きだなぁと思いました。

斜め下を見つめる角度は似ていても、スマホを見ている大人の顔とは少し違う、良い顔をしています。

たまに原稿用紙から目を離し、宙を見上げてなにやら考えあぐねている時の顔もまた、良い。

 

下書きが完成したら、来週以降に推敲と清書をします!

完成が楽しみです。

 

                       フィロソフィア国語教室 西荻駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2019年6月20日 00時00分

小学生基礎の授業から

こんにちは。宮前教室の鈴木です!

 

 

先日、小学生基礎の授業でこんなことがありました。

ある4年生が、「パリ」についての説明文を読んでいたときのこと。

パリは「芸術のみやこ」と言われ、多くの芸術家が集まっていた、という内容で、

「芸術家」とは何か?という問いが出てきました。

 

 

その生徒はさっそく辞書を使って、「芸術の仕事をしている人」という意味であること、

「芸術家」には「音楽家」「画家」「写真家」などがいることを調べました。

「画家」って?と尋ねると、「絵をかく人!」と元気な返事。

じゃあ「作家」は?……別の生徒から、「……本をかく人?」その通り!

 

 

「家っていう漢字は、人って意味があるんだね~」と、みんなで納得したのもつかの間、

今度は、「でも、看護師とか、保育士ってのもあるよ!」との声。

確かに、「師」や「士」も人を表すことば。

「弁護士」「医師」「美容師」など、次々と出てきます。

 

 

そこでまた4年生がひと言。「どういうふうに使い分けているんだろう~?」

待ってましたとばかりに隣で作業をしていた塾長が顔をだし、

「『師』・『士』はその資格を持っている人、『家』はそれを好きでする人を意味する」

ことを教えてくれました。

最初はピンときていないようでしたが、先ほど挙げたことばを踏まえて考えると、

なるほどね、と納得した様子。

自称 芸術家 は成り立つけれど、自称 看護師 は成り立たないということだ。

 

 

わずか数分のやりとりでしたが、

一つのことばから、他の多くのことばについても考え、きまりを知る、という

なんとも楽しい学びの一場面でした。

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年6月14日 17時03分

授業紹介~精読教室②~

宮前教室の鈴木です。

前回の続き、精読教室の紹介をします。

教材は、芥川龍之介「蜘蛛の糸」。

語句の意味を一つずつ確認して丁寧に読んだあとは、いよいよ記述問題に取り組みます。

 

 

地獄にいる大泥棒の陀多(かんだた)は、

遠い遠い天上から、一すじの蜘蛛の糸が自分の上へ垂れてくるのを発見します。

この糸にすがりついてのぼっていけば、きっと地獄から抜け出せる。

これ以上苦しまずにすむことを喜んで、早速糸をのぼっていく場面です。

 

 

この分でのぼって行けば、地獄からぬけ出すのも、存外わけがないかも知れません。

陀多は両手を蜘蛛の糸にからみながら、ここへ来てから何年にも出した事のない声で、

「しめた。しめた。」と笑いました。

ところがふと気がつきますと、蜘蛛の糸の下の方には、数限もない罪人たちが、

自分ののぼった後をつけて、まるで蟻の行列のように、やはり上へ上へと

一心によじのぼって来るではございませんか。

陀多はこれを見ると、驚いたのと恐ろしいのとで、しばらくはただ、

ばかのように大きな口を開いたまま、眼ばかり動かして居りました

自分一人でさえ切れそうな、この細い蜘蛛の糸が、どうしてあれだけの

人数の重みに堪えることが出来ましょう。

もし万一途中で切れたといたしましたら、折角ここへまでのぼって来た

この肝心な自分までも、元の地獄へ逆落としに落ちてしまわなければなりません。

そんな事があったら、大変でございます。

 

 

【問題】 傍線部「眼ばかり動かして居りました」とあるが、このときのかんだたの気持ちを、

     わかりやすく説明しなさい。

 

かんだたの心情を読み取るポイントは、傍線の直前にある「驚いたのと恐ろしいの」です。

この気持ちを押さえたのち、何に驚き、何を恐ろしいと思ったのか、それぞれ説明していきます。

 

まず、驚いた内容については、「陀多はこれを見ると、驚いたのと恐ろしいので…」と書かれていることから、

「これ」に驚いたことが分かります。

「これ」=多くの罪人たちが蜘蛛の糸をよじのぼってくること、です。

次に、なぜそれが恐ろしいのか、考えます。

ただよじのぼってくることが恐ろしいのではありません。

理由は、傍線部の直後に書かれています。

蜘蛛の糸が大勢の重みに耐えかねて切れてしまったら、自分はまた地獄に落ちてしまうから、です。

そうなってしまうことを、恐ろしく思っているわけです。

 

以上をまとめると、こんな解答になります。

 

【解答例】自分がのぼったあとをつけて、数多くの罪人たちが蜘蛛の糸をよじのぼってきていることに驚き、

      人数の重みにたえられず糸が切れ、自分も元の地獄へ落ちてしまうことを恐ろしく思う気持ち。

 

 

授業では、生徒各自が解答をノートに記入し、添削を受けます。

生徒たちは、解答を作る際、手がかりとなる部分に線を引いてから、その要素をまとめる練習をしています。

添削の際は、一人一人に対して足りない部分を導きだせるようなヒントを出し、

じっくりと過不足のない答案を作り上げていきます。

この問題では、特に「何を恐ろしいと思っているか」について記述するのを見落としがちです。

でも「何が恐ろしいんだろう?」と尋ねると、多くの子が答えることができ、

その内容も本文中にしっかりと書かれていることに気づきます。

 

 

ただ読むだけでなく、記述問題を通して、人物の心情や表現の意味を考えること。

それは、本文を根拠にした正確な読解の練習にもなりますし、

的確に表現する力を鍛えることにもなります。

そして、読みが深まり、より物語を味わうことにもつながります。

生徒により読解のレベルは異なりますが、その生徒なりに指摘に納得し、

頭をフル回転させながら、何度もノートに解答を書きなおしている姿に、

いつも気が引き締まる思いです。

 

 

宮前教室では、

土曜日16時~18時の精読・作文教室の生徒を募集しています。

体験授業も承っております。ぜひご応募ください!

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年5月28日 20時37分

1年が経って。(宮前教室・鈴木)②

こんにちは!宮前教室の鈴木です。

さて、フィロソフィア国語教室との出会いを経て、私が講師をはじめて1年。

おかげさまで多くの生徒と出会い、充実した日々を過ごしてきました。

 

 

この1年、特に興味深く感じたのが、子どもの成長です。

以前は高校で教えていたのが、小学生とも関わることになりました。

いわゆる「子ども」と関わるのは、自分が「子ども」のとき以来です。

どんな世界に生きていて、どんなことを考えているのか?

自分自身の記憶を何とかたどり、でも私は田舎育ちだから、都会の子たちはまた違うのかしら…

なんて、あれこれ考えて。

 

 

そして出会った子たちは、想像以上に多様で、素直で、一生懸命でした。

いま考えていることについて、持てる言葉でどうにか話したり書いたりしようとする姿からは、

「伝えたい!」という気持ちを感じましたし、

大人が見過ごしてしまうようなところに「なぜ?」と気づく力はさすがです。

 

 

学年があがるにつれて、使える言葉が増え、考え方も大人っぽくなるのを目の当たりにし、

「こうやって人は言葉を増やしていくんだ!」ということを感じました。

だんだんと言葉が抽象的になり、それにしたがって、ぐんぐん世界が広がっていきます。

読解の文章の内容も、身近なものや動物にはじまり、昔の人物について、社会の仕組みについて、

と想像力を必要とするものへ、自然とレベルアップしていきます。

もちろん、思春期にさしかかり、表現しがたい複雑な思いを抱えることもあるわけですが、

それも自分の世界を広げる大事な時間。

高校生と接しているだけでは見えてこなかった、成長の過程に触れることができ、

教育の面白さを改めて感じています。

 

 

もう一つ身に染みて感じたこと。

小学生にも分かるように説明するって実は大変ということです。

たとえば、「責任って?」「楽観的って?」という質問。

簡単な言葉で的確に言いかえるためには、その意味をよ~く理解しておく必要がある、と実感しました。

「責任」は、「任されたことをきちんとやる」こと、

「楽観的」は、未来のことを「きっとうまくいく」と明るく前向きに考える姿勢、でしょうか。

わかりやすさにこだわり、言葉の力を磨いていきたいと思っています。

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類  投稿日時: 2019年5月14日 21時02分

授業紹介~精読教室①~

宮前教室の鈴木です。

作文の紹介が続きましたので、今回は精読教室の授業をご紹介します!

 

精読教室では、一人で読むには少し難しめな文章を教材にしています。

語句の意味を一つずつ確認しながら、文章を一文ずつ丁寧に読み、物語の世界を楽しみます。

その中で、記述問題に取り組み、正確な読解とそれを表現する方法を学びます。

 

 

今回ご紹介するのは、芥川龍之介『蜘蛛の糸』を扱った授業です。

比較的短い物語で、絵本でなんとなく見たことがあるという生徒もちらほら。

 

 

まずは、本文を音読して読み進めます。

その際、語句の意味を一つずつ解説し、周辺知識も紹介します。

 

 

ある日のことでございます。

お釈迦さまは極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶらお歩きになっていらっしゃいました。

 

 

「お釈迦さまって誰?極楽ってなんだろう?」と問いかけると、

生徒たちは「聞いたことある!」「天国だっけ?」と話しはじめます。

ここで、お釈迦様は、修行をして悟りをひらき、仏教の教えを説いたことや

仏教は宗教の一つで、世界にはキリスト教やイスラム教などの宗教があることを説明します。

 

 

やがてお釈迦さまはその池のふちにおたたずみになって、

水の面をおおっている蓮の葉の間から、ふと下の様子をごらんになりました。

この極楽の蓮池の下は、ちょうど地獄の底にあたっておりますから、

水晶のような水を透きとおして、三途の川や針の山の景色が、ちょうどのぞき眼鏡を見るように、

はっきりと見えるのでございます。

 

 

「おたたずみになって」「ごらんになりました」こういう言葉を尊敬語ということ、

敬語には三種類あることを話すと、高学年生には、「尊敬語、謙譲語、丁寧語!」と知っている生徒もいます。

「ごらんになる」は「見る」の尊敬語だから、お釈迦様が、下にある地獄の様子を見ていたことになるね。

水晶のような水ってことは?水晶って何色?「透明…?」

そうだね。だから池の水が透きとおっていて、下の地獄が見えるんだ。

三途の川っていうのは、人が亡くなったときに渡るといわれる川のこと。

針の山?「絵で見たことある!針がたくさん刺さっていて、しかも先が上を向いている。」

地獄には人を苦しめる怖いものがたくさんあるんだね。

 

 

こんな調子で読み進め、内容を理解しながら皆で物語の世界に入っていきます。

生徒は、テキストの余白に、語句の意味や解説を書き込みます。

文章を絵で書いてみることで状況がわかることも。

慣れてくると、促されなくても自分で必要なところにメモをとれるようになります。

さっと読んだだけでは分からなくても、解説を聞いたり状況を考えたりしながら読むことで、

楽しむことができる。

生徒たちの素直な反応を見ていると、

やはり、分かる・読めるというのは嬉しいものだよなぁ…と感じます。

 

 

それでは次回、この授業での記述問題とその解答の仕方について、ご紹介します!お楽しみに。

 

 

宮前教室では、

土曜日16時~18時の精読・作文教室の生徒を募集しています。

体験授業も承っております。ぜひご応募ください!

 

 

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年5月11日 17時19分

1年が経って。(宮前教室・鈴木)①

こんにちは。宮前教室の鈴木です!

5月の初めは、元号の変わり目、そして異例の10連休に世間はお祝いムードでしたね。

私にとってもこの春は、宮前教室で講師を始めて丸1年、という節目でした。

そこで、私とフィロソフィア国語教室との出会い、1年勤めてみての思いを、2回に分けてお伝えしたいと思います。

 

 

私はもともと、地方の県立高校で国語科の教員として勤務していました。

国語の授業をはじめ、クラス担任や部活動顧問、受験指導なども担当していました。

高校生のパワー、ピュアなところ、大人っぽさ。

彼らと関わる奥深さ、難しさ、そして面白さ。

多くを感じながら、やはり授業で勝負できる教員になりたいと、

がむしゃらに毎日を過ごすこと4年。

結婚という転機を迎え都内に引っ越すことになり、

国語に関わる仕事を探していたときに、このホームページと出会いました。

 

 

「読む、書く、考えるという3つの基本」…!「全教科の土台としての国語力」…!

まさにそんなこと実現できたら嬉しいなあと考えていた私。

さっそく代表の坂爪に連絡をとり、授業を見学させてもらったのがはじまりです。

 

 

見学したのは、小学生の作文教室と、中学生の精読の授業。

5人ほどの生徒が一つの机を囲みます。

2時間という授業時間を知ったとき、そんなに長い時間集中力が持つのか?と疑問だったのですが、

じっくりと課題に向かっていると、あっという間に時間が経ってしまうことが分かりました。

 

 

「これってどういうこと?」「この部分をくわしく説明すると…?」

という教師の言葉をうけ、会話も楽しみながら生き生きと学ぶ様子は、今でも強く印象に残っています。

友だちの作文を聞き、「私はこんなふうに書いてみよう!」とアレンジする姿。

解説をききながら、テキストの余白にどんどんメモをとっていく姿。

 

 

学年や人数の違いもあるでしょうが、学校の授業とはひと味違う、

ほっとできる雰囲気の中に確かな学びが息づいているのを目にし、

私もここで、国語教育に取り組みたい、という思いを持ったのでした。

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類  投稿日時: 2019年5月7日 16時32分

授業紹介~意見作文③~

宮前教室の鈴木です。新学期が始まりました!

前回の授業紹介の続きで、今回は2人の意見作文を紹介します。

 

テーマは「お手伝いをするとお金がもらえるというルールに賛成か反対か」。

(詳しくは前回の記事をごらんください。)

作文教室で、両方の立場から意見の根拠を話しあったあと、それぞれ立場を決めて意見文を書きました。

 

 

まずは、反対の立場から。

 

私は、お手伝いをするとお金がもらえるというルールに反対だ。

なぜなら、お手伝いをすると必ずお金がもらえると思ってしまうことは、本人にとってよくないからだ。

例えば、将来会社に勤めたとき、上司の仕事を手伝う度にお金をもらえると思ってしまう。

私は、自ら当たり前のように率先してお手伝いをするべきだと思う。

確かに、お手伝いをするとプレゼントをもらえたら、次もやろうと思えるかもしれない。

しかし、お手伝いをしたらお金をもらえると思ってしまって、大人になったときに困ってしまう

よって私は、お手伝いはお金がなくてもやるべきだと思う。

 

 

もしお手伝いをすることでお金がもらえたら、その人はどんな考えを持つようになるのか、

「もし~なら」と想像して書くことができています。

このように、仮の想定をした上でそれに反論する方法も、書きやすい根拠の一つです。

また、お手伝いに対する姿勢についても、考えを述べられました。

「なぜなら~からだ。」だけでなく、複数の根拠があると納得できる意見文になりますね!

 

 

次は、賛成の立場。

 

私は、お手伝いをするたびにお金をもらえるルールに賛成だ。

なぜなら、お手伝いをしてお金をもらうのは、相手からのお礼だし、

この場合おじいちゃんからの愛情表現になると思うからだ。

また、何かをして、何かをもらうというのは、理にかなっている

たしかに、このルールでするお手伝いはお金目当てかもしれない。

しかし、おじいちゃんもあげると言っているし、ぬすんだわけでもないので、お金をもらってもいいと私は考える。

このように、お手伝いをして、お金をもらうのは、別に悪いことではなく、正しいことなのだ。

 

 

この生徒は、「お金をもらうのは変」という点に対し、

「相手からのお礼だし、おじいちゃんの愛情表現になる」と反論しました。

その考えを深め、「何かをして何かをもらうのは理にかなっている」と一般化することで、

反論の説得力を強めることができています。

 

 

どちらが正しいか、簡単に答えが出る問題ではありません。

しかし、だからこそ、両方の立場からじっくり考えることで、自分の意見ができてきます。

感情ではなく、論理的に考えて導き出した根拠は、意見をより強く支えます。

いろいろな見方があることを知り、その違いを楽しみながら文章を書いてほしいな、と思います。

 

 

 

宮前教室では、上記のような意見作文の学習を、以下の授業の中で行っています。

月曜16時~17時 小学生基礎

月曜17時~19時 寺子屋式

土曜16時~18時 精読・作文教室

体験授業も承っております。ぜひお問い合わせください!

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年4月16日 13時40分

GW講習について(西荻駅前教室)

4月29日(月)~5月6日(月)まで、通常授業をお休みして10時~17時に個別で国語の授業を承ります。

授業内容・授業時間は個別に調整します。お気軽にご相談ください。

       

  【授業料】        

       寺子屋式(生徒4人まで)

                      2時間  4000円

                      1時間  2500円     

 

       完全個別授業(1対1の個別授業・1日1人限定)

                        2時間  8000円

 

 

寺子屋教室(全教科型個別指導)につきましても、ご希望の日程・科目等をお伺いしたうえで個別に講師と予定を調整します。

詳細はお問い合わせください。

 

  【寺子屋教室・授業料】

             

                          生徒2人まで    90分  4000円 

                          生徒1人      90分  6000円

 

※ 新規入塾の場合は入塾料(5000円)が別途必要となります。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ 寺子屋教室について 講習会のお知らせ  投稿日時: 2019年4月12日 19時30分

2019年 合格実績

合格おめでとう!

フィロソフィア国語・寺子屋教室 合格実績2019

 

〈大学受験〉

大阪大学理学部

学芸大学教育支援課程

京都大学文学部

慶應大学商学部

早稲田大学理工学部    

武蔵野大学文学部

 

〈高校受験〉              

都立杉並高等学校

都立富士高等学校

都立武蔵高等学校

正則学園高等学校

東京電機大学高等学校

明治学院高等学校

 

〈中学受験〉

都立小石川中等教育学校

ドルトン東京学園中等部

北嶺中学校

武蔵野大学中学校

早稲田実業学校中等部

 

※ 国立大、私立大、都立高、私立高、都立中高一貫中、私立中の順に五十音順で掲載してあります。実際の進学先のみ記載してあります。詳細を知りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 合格実績  投稿日時: 2019年4月12日 15時16分

授業紹介~意見作文②~

前回の続きです。

 

今回は、意見作文を扱った授業の様子を紹介します!

 

【問題】

まさお君ともんち君は親友です。このごろ、もんち君は新しいゲームを次々と買っています。

不思議に思ったまさお君は、どうしてそんなにお金があるのか、もんち君に聞きました。

「実はね、おじいちゃんの家でお手伝いをすると、お金がもらえるんだよ。」ともんち君は言いました。

まさお君はうらやましく思いましたが、お手伝いをしてお金をもらうなんて変だという気もしました。

お手伝いをするたびにお金がもらえるルールについて、賛成か反対か、あなたの意見をなるべくくわしく説明しなさい。

 

 

この問題、作文教室の授業で、6人の生徒が一緒に取り組みました。

問題を読んだ瞬間、ほぼ同時に全員の「賛成!」の声が。

でも、その背景には色々な考えがあるようで……。 話を聞いてみると、

「お手伝いでお金がもらえたら、ほしいものが自分で買える!」

「うちはお手伝いは家にいる人の仕事だから、ぼくもお風呂掃除をしている。もんち君がうらやましい!」などなど。

 

2人目の子の発言のとき、

「まさお君が”お手伝いをしてお金をもらうなんて変”って考えたのは、

お手伝いをそういう当たり前のこととして考えているからかもしれないね」

と話すと、賛成一色だった様子が少し変わってきました。

 

 

そこで、賛成と反対の両方の立場から、意見の根拠を考え、メモにしました。

 

 

≪賛成≫              ≪反対≫

・ 好きなものが買える        ・ お金目当てになる

・ やる気になる            ・ お手伝いをするのは家族として当たり前

・ お金はお礼の気持ち        ・ いつでもお金がもらえると思ってしまう

 

 

う~ん、なかなか鋭い意見も出てきました。

ここで、改めて意見を考え直し、いよいよ作文を書きます。

せっかくたくさんの理由を考えたのだから、それを活かそう。

自分とは逆の立場に対する反論も入れて、自分の意見の説得力をアップさせよう。

鉛筆をもつ手が勢いよく動きだしました。

書くべき内容が決まり、それを自分のことばで表そうとするとき、生徒が放つあの集中と熱気が、私は大好きです。

 

次回、実際に生徒が書いた作文を、賛成と反対の1つずつ紹介します。

 


 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年3月16日 15時18分

授業紹介~意見作文①~

宮前教室の鈴木です。花粉症持ちには少しばかりの辛抱の季節がやってきました…。

 

今回は意見作文について紹介します。

小学生基礎や作文教室では、様々なテーマで意見を書いてもらっています。

 

【テーマの例】

・ 外で遊ぶのと家で遊ぶのではどちらがよいか

・ 席替えはどのくらいのペースで行われるのがよいか

・ 夏休みの理想の過ごし方

・ 友達は多いほうがよいか、少なくてよいか

・ 「子供の習い事は親が決めずに、子供自身に決めさせるべきだ」という考えに対し、賛成か反対か

・ 「りっぱな人」とはどのような人のことか

 

 

身近なテーマから、大人でも考え込んでしまうものも。

字数も、自由だったり、200字~400字だったり、生徒に合わせて決めています。

どんな意見も述べる場合も、意見の根拠を、感情ではなく、論理的に説明することが大切です。

 

 

先ほどの例の最初のテーマでは、

「外だと花粉症がつらいから」という理由で「家で遊ぶ方がいい」という立場を選んだ生徒がいました。

もちろんこの時期のつらさはよく分かるのですが…!

「家で遊ぶとこんな面白さがある」という積極的な良さをくわしく述べる、

あるいは、「外で遊ぶのはこんな風に楽しい。しかし、春に限っては花粉症でこんなに大変な状況になってしまうから、比べると家で遊ぶ方がまだいい」

という内容をくわしく述べる、ようにしたいところです。

 

 

さて、理由をくわしく書く、というのはどういうことでしょう。

よくあるのが、「理由は~からだ。」で終わってしまうパターン。

それを防ぐには、考えを深めて言い換えること、理由を複数挙げること、具体的な体験を入れることが有効です。

文を書きはじめる前に、メモを作っておくといいですね。

このメモが意見の出来の鍵を握ります。

 

 

では、生徒たちは実際にどんな意見作文を書いているのでしょうか。次回に続きます!

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年3月11日 14時38分

春期講習のご案内

春期講習のお申込みを受け付けております。

 

以下の講座案内をご参照の上、メールまたは電話でお申込みください。

 

※ 電話がつながらずご迷惑をおかけすることが多々あります。

  留守電にメッセージをお残しいただくか、メールでお問い合わせください。

 

 

駅前教室 講座案内

宮前教室 講座案内

 

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2019年3月10日 16時28分

春期講習のお知らせ(西荻駅前教室)

今年も春期講習を開講します!

授業内容の詳細等、お気軽にお問い合わせください。

 

お申込みの際は、メールまたはお問い合わせフォームにて、お名前・学年・受講希望講座名をお知らせください。

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2019年3月5日 22時44分

授業紹介~寺子屋式授業・低学年算数~

こんにちは。宮前教室の鈴木です。

 

この春で、私がフィロソフィア国語教室に加わってから、ちょうど1年になります。

生徒たちと楽しく学習できていることに、感謝の日々です。

 

 

さて、今日は、小学生の算数について紹介します。

 

この1年間で、3年生くらいの子の保護者の方から

「算数の文章題が苦手で…」というお話をきくことが何度かありました。

計算はよくできるけれど、文章の意味を理解して式を立てるところにつまずくことが多いようです。

 

 

例えばこんな問題。

 

学芸会の日、体育館にお客さんがすわるためのいすを9こずつ8列ならべました。

ところが、95人のお客さんが来て、いすが足りなくなってしまったので、3列ぶん、いすをふやしました。

お客さんは1人1つずついすにすわりました。

これから来る人もいるかもしれません。

あと何人すわれますか。

 

 

答えにたどり着くためにするべきことは4つ!

①文章をよく読む

②状況をあらわす図を描き、理解する。

③たし算、ひき算、かけ算、わり算のどれを使うか考えて、式を立てる。

何が問われているのかを確認し、答えを出す。

 

 

……書いていて、これは大変な作業だ、と改めて思いました。

苦手な子は特に①②の部分につまずき、でたらめな式を立ててしまいがちです。

この問題は「9こずつ8列」と「3列ふやす」という言葉を図で表すことがポイントでしょうか。

文章をちゃんと読み、ちゃんと考える力は算数でも大切です。

 

 

寺子屋式授業では、生徒のレベルに合わせた問題を出し、一歩ずつ丁寧に解説します。

はじめは苦戦していた子も、ヒントを手がかりにくりかえしチャレンジするうちにできるようになっていきます。

苦手意識が克服できれば、こっちのもの!

ただ計算をするだけではなく、わからないことを工夫して求める面白さを味わってほしい。

そんな思いを込めて授業をしています。

 

 

宮前教室では、ただいま、月曜17時~寺子屋式、月曜19時~大学入試標準、土曜18時~思考力型クラスで生徒を募集しています!

ぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年2月22日 14時43分

授業紹介~小学生基礎・条件作文④~

小学生基礎・条件作文①からごらんください。

 

 

次の条件を満たすおはなしを作りなさい。

 

①寝ているときに夢を見て、怖さのあまり目をさましたところ、

 夢だとわかってほっとしたというストーリーにすること。

②「森林」「雨」「ぶるぶる」という言葉を全て使うこと。

 

 

この条件をもとに、4年生は、こんなに長いおはなしを作りました。

 

 

小学生のこう太は、学校でこわいお話を聞いた。家に帰って妹に話をきかせてやった。

そしたら妹は、「そんな話しないで。ゆめにでてきちゃうよ。」といってこう太のへやからでていった。

その夜は、深くねられなかった。そしてゆめをみた。

こう太はいつのまにか自然ゆたかな森林のまん中に立っていた。

そこは、小鳥の鳴き声がひびくとてもいいかんきょうだった。

ところが、そのすぐあと、小鳥やその他の動物がその森林からはなれていってしまった。

こう太は、「えさでもあるんだろう。」と思っていた。

何分かしたときだった。少しずつ雨雲が近づいてきた。

とつぜんあたりがまっくらになり、あのゆたかな森は、ごくらくから大じごくに落ちたようなかんじだった。

まもなく大雨がふりだし雨は地面をたたきつけた。

こう太はいそいで木のかげにとびこんだ。

でもその木には葉がなく雨が枝のすきまからたたきつけたかと思うと、その木から声が聞こえてきた。

「出てけ出てけ。」となんども言うのだった。

そこからぬるぬるしたものがこう太にまきつき、空に投げた。

まっさかさまに落ちているときに目がさめた。

なあんだ、ゆめだったのか、よかったあと思った。

 

 

主人公に名前をつけて、こう太の心のセリフも入れることで、よりおはなしらしくなっています。

森林の和やかな雰囲気が一転、大じごくに落ちたようになってしまい、こう太が追い詰められていく様子がよく分かります。

それと同時に、とても楽しんでおはなしをつくっていることも伝わってきます。

 

 

ストーリーにあうおはなしを考える力と、言葉を適切に使う力を鍛えることがねらいの条件作文。

最初は難しいと言っていた生徒も、何度か練習すると、どんどんおはなしを書けるようになります。

生徒に合わせて、ストーリー設定を複雑にしたり、使うべき言葉の数を増やしたりして難しくすることも。

楽しみながら、書く力を伸ばしています。

 

 

宮前教室では、ただいま、月曜17時~寺子屋式、月曜19時~大学入試標準、土曜18時~思考力型クラスで生徒を募集しています!

ぜひお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年2月19日 15時08分

授業紹介~小学生基礎・条件作文③~

前々回前回のつづきです。

 

 

次の条件を満たすおはなしを作りなさい。

 

①寝ているときに夢を見て、怖さのあまり目をさましたところ、

 夢だとわかってほっとしたというストーリーにすること。

②「森林」「雨」「ぶるぶる」という言葉を全て使うこと。

 

 

つづいては、3年生が書いたおはなしです。

 

 

わたしはねているときにゆめを見ました。

このゆめはこんなおはなしでした。

ゆめの中でわたしは森林にいました。

すこしあるいたら海が見えました。

海へ走っていくといきなり雨がふってきました。

でもただの雨ではありません。その雨といっしょにかみなりやきたかぜがふいてふゆのようにさむかったのです。

あまりにもさむかったので、わたしはぶるぶるとふるえてしまいました。

そのうち、わたしはうごけなくなってしまいました。

そのとき、いきなりわたしの目の前にかみなりがおちてきました。

こわさのあまり目をさましたところ、ゆめだと分かってほっとしました。

 

 

 雨だけではなく、雷、北風、「ぶるぶる」ふるえるほどの寒さ……

「雨」という言葉をもとにして、天候だけで状況をより恐ろしくすることができています。

「ふゆのように」という比喩も効いていますね!

何より、一文一文が短くて読みやすいです。

くわしく書こうとすると、ついつい一文が長くなってしまいますが、分かりやすくするには短い文を連ねることが大切です。

一連の流れが自然で読みやすいおはなしになりました!

 

次の記事がこのシリーズ最後です。最後は、4年生がかいたおはなしを紹介します。

 

 

宮前教室では、ただいま、月曜17時~寺子屋式、月曜19時~大学入試標準、土曜18時~思考力型クラスで生徒を募集しています!

ぜひお問い合わせください。

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年2月16日 17時53分

授業紹介~小学生基礎・条件作文②~

前回の続きです。

 

次の条件を満たすおはなしを作りなさい。

 

①寝ているときに夢を見て、怖さのあまり目をさましたところ、

 夢だとわかってほっとしたというストーリーにすること。

②「森林」「雨」「ぶるぶる」という言葉を全て使うこと。

 

 

まずは、1年生が書いたおはなしを紹介します。

 

ぼくは一人でぼうけんにでました。

あるいているとどうくつがあって、中に入ってみるとくらくてこわくてぶるぶるふるえました。

どうくつをぬけると森林がありました。

そこにはわるい人がいて「ダイヤのけんをよこせ」といわれました。

でもダイヤのけんはもっていなかったので「もっていません」といったら「うそつけ」といわれて、たたかいがはじまって雨もふってきました。

たたかっていると、うしろにドラゴンがいるときづきました。

ドラゴンにつかまってほのおをふかれそうになったとき、目をさましてゆめだとわかってほっとしました。

 

 

「ぼうけん」らしい展開になりました。

会話文もあるので、生き生きと読めます。

ドラゴンにほのおをふかれるとなっては、確かに目もさめそう!

 

最初に書いたときは、「ほのお」が「ほのう」になっていたり、セリフにかぎかっこがついていなかったりしましたが、教師のアドバイスをもとに直しました。

ひらがなかぎかっこの使い方は、低学年生の大事なポイントです。

雨や森林の様子をもう少しくわしく書けると、もっと読みごたえが出そうです。

 

さて、同じ条件のとき、他の生徒はどんなおはなしを書いたでしょう?

次回、ご紹介します。

 

 

宮前教室では、ただいま、月曜17時~寺子屋式、月曜19時~大学入試標準、土曜18時~思考力型クラスで生徒を募集しています!

ぜひお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年2月12日 10時50分

授業紹介~小学生基礎・条件作文①~

こんにちは。宮前教室の鈴木です!

 

寒さが厳しい2月。インフルエンザでお休みの生徒もちらほら…。

やっぱり全員が元気でそろうのがいいですね。春が待ち遠しいかぎりです。

 

この季節、実は新年度を見すえたお問い合わせも多い時期です。

そこで、小学生基礎の教材を紹介していきたいと思います。

 

今回は、条件作文

こんな問題です。

 

次の条件を満たすおはなしを作りなさい。

 

①寝ているときに夢を見て、怖さのあまり目をさましたところ、

   夢だとわかってほっとしたというストーリーにすること。

②「森林」「雨」「ぶるぶる」という言葉を全て使うこと。

 

この問題のねらいは、ストーリーにあうおはなしを考える力と、言葉を適切に使う力を鍛えることです。

また、一年生で習う漢字が復習できるように言葉が選んであります。

 

夢からさめるくらい怖いことって、何だろう。

「ぶるぶる」という語は、どのようなときに使うだろう。

ただ好きなようにつくればいいおはなしと違って、

条件を満たし、かつ面白いおはなしになるように、頭を働かせなければなりません。

 

それでも、「作家になったつもりで書いてみよう!」と話すと、

生徒たちは面白がり、一生懸命鉛筆を走らせます。

同じ条件でも、完成したおはなしは人それぞれ違い、それを読むことも楽しみの一つです。

書き上げたおはなしを自分で読んだときの満足気な表情が、頑張りを物語っています。

 

それでは、実際にどんなおはなしができたのか、次の記事でご紹介します。

お楽しみに!

 

 

宮前教室では、ただいま、月曜17時~寺子屋式、月曜19時~大学入試標準、土曜18時~思考力型クラスで生徒を募集しています!

ぜひお問い合わせください。

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 授業紹介  投稿日時: 2019年2月5日 17時47分

宮前教室現在の空き状況

宮前教室では、2019年1月末現在、以下の授業で生徒を募集しています!ぜひご参加ください。

 

月曜17時~19時 寺子屋式授業

 自分のペースで読解練習をしたい、他の曜日は用事がある、国語以外の教科も勉強したい…など、通常の国語授業への参加が難しい生徒に、柔軟に対応しています。

小学生~高校生まで受け入れ可能です。

17時~18時のみといった1時間授業もできます。

 

月曜19時~21時 大学受験標準クラス

 高校生クラスで、現代文・古文・漢文にバランスよくとりくみます。基礎からていねいに読解力をのばします。

 

 

土曜18時~20時 思考力型クラス  

 最近増えている、複数の資料を読み取ったり考えを書いたりするタイプの問題にとりくみます。

思考力型入試、適性検査、小論文入試に対応する新しいクラスです。中学生~高校生対象予定。

参加される方の目標やレベルに合わせて課題を設定します。

 

 

宮前教室全体の空き状況は、こちらをご覧ください。

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ  投稿日時: 2019年1月29日 20時22分

新年の授業のご案内(西荻駅前教室)

明けましておめでとうございます。

 

冬期講習も前半戦が終了。

 

年末は比較的、時間的・精神的な余裕をつくりやすい時期のようで、

伝記を読んで古き良き時代を感じたり、

作文を書きながら気になった言葉の語源を調べたり、

文法事項をひとつひとつ確認しながら古文を読んだり

 

皆思い思いに、国語の楽しさをじっくりと味わう時間を過ごしてもらえたように思います。

 

 

対照的に、受験生は最終チェックに忙しい時期。

焦る心をおさえつつも、限られた時間のなかでどこまでできるか

自分の限界に挑むため、時間を計って過去問題の演習を繰り返します。

 

受験でいちばん避けたいのは「時間切れ」。

国語の試験は特に「何を書けばよいのかわからない!」と焦っているうちに、作文や記述問題を空欄のまま提出してしまうことがいちばんもったいないので・・

時間管理の練習をしっかりとしておきたいところです。

 

ということで受験生クラスはまず、どの問題を何分間で解くか、大問ごとの目標タイムを自分で決めてもらってから演習を行いました。

 

目標タイム通りに問題を終えられた子には、いっしょに受験校の合格最低点を確認したうえで、あと何問正解できれば合格できるか(あるいは、他の科目でどのくらい失点できる余裕を作れるか)そのためには、次回からどんなことに気を付ければよいか、点数ベースの話をしながら解説を行います。

 

時間が足りなかった子には、どの行程に時間をかけてしまったのか感想を聞いたうえで、その時間を削るためにどんなことに気を付ければいいか作戦立てをして次につなげます。

 

時間に余裕がありそうな子は、すべて解き終えた後で何をチェックすればよいか、優先順位をつけて見直し方法の確認をします。

 

時間を意識するプレッシャーをタイムトライアルタイプのゲーム感覚で楽しんでもらうこと、

試験中の思考経路を忘れないよう、演習の直後に振り返りを行うこと、

改善できるポイントを意識しやすいように1点か2点に絞り、次の演習につなげてもらうこと

 

が、私が受験生への指導時に意識していることです。

 

 

受験勉強というと、つらいイメージばかりが先行しがちなのですが

じぶんの強みと弱みをだれかと共有して、試行錯誤しながら成果を数字につなげていく感覚はきっと心地がいい。

そんな気持ちを味わってほしいなぁという老婆心を根拠にして、受験生を応援しています。

 

新年の授業は4日から、新学期授業は14日より再開します。

皆様にとって、幸多き年となりますように。

 

                           フィロソフィア国語教室 山田 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2019年1月11日 23時20分

冬期講習のご案内(宮前教室)

宮前教室の冬期講習については、以下のリンク先をご参照ください。

1コマからご参加できますので、ご都合のよろしいようにお申込みください。

ご不明な点やご相談があれば、お気軽にメール・電話でお問い合わせください。

(お電話がつながらない場合が多々ございます。あらかじめお詫び申し上げます。)

宮前教室 冬期講習のご案内

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2018年12月3日 16時59分

冬期講習のお知らせ(西荻駅前教室)

12月26日より、今年も冬期講習を開講します。

 

講座内容の詳細や受講方法のご相談は、下記を参照のうえお気軽にお問い合わせください。

ホームページからのお申し込みも承っております。

お問い合わせフォームより、受講希望講座・学年・お名前を記載して送信ください。

 

 

 

 

 

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 講習会のお知らせ  投稿日時: 2018年11月30日 22時42分

西荻駅前教室日記(15)

夏期講習のご参加ありがとうございました。

 

今年の「夏の精読教室」では「シートン動物記」を読みました。

 

この作品は名前こそ知っていたのですが、私自身は子どものころに読んでおらず・・(動物のお話は、死んでしまうシーンがあったときに悲しいと思い、避けていました)

この仕事を始めてから、読書家の生徒達に薦められて初めて読んだものです。

 

野生動物たちの強さと、賢さと、愛くるしさと、残酷さ・・ それを心から尊敬し、できるだけ忠実に表現しようとする筆者の誠実さが文章から伝わってきて 心がうたれます。

授業では「ロボ」と「ギザ耳うさぎ」の2作品を扱いましたが、 どちらの作品も、わたしは読み返すたびにぼろぼろと泣いてしまいます。

 

動物が主人公だったり、自然をテーマにした物語は、子どもたちにも人気があります。

 

そして、夏休みと言えば・・読書感想文!

「シートン動物記」の精読を通じて考えたことを文章にまとめた子もいれば

自分のお気に入りの1冊を教室に持ってきてくれて、 ああでもない、こうでもないと悩みながら一生懸命書きあげている子もいました。

 

思い入れのある作品こそ、その感想を言葉にするのは難しい気もするけれど

自分が心から好きなものについて、そのすばらしさをじぶんの言葉で表現できることの

開放感や心地よさを感じて欲しいと願いながら指導しました。

 

苦労して書き上げたひとこそ、 その原稿用紙はぜひ、大人になるまで取っておいて欲しいです。

 

フィロソフィア国語教室 西荻駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2018年9月25日 12時21分

2学期開講講座のお知らせ(西荻駅前教室)

9月になったというのに、じめじめと暑い日が続きますね。

 

今週から西荻駅前教室では新学期授業が始まりました。

 

国語教室の講座について、変更点と新授業情報をお知らせします!

 

① 中学受験対策を開講します!(毎週火曜日 17時10分から18時50分)

ご要望の多かった、小学生向けの読解問題対策クラスを開講します!志望校の過去過去問題など、教材を指定したうえの指導も承ります。

都立中高一貫の適性検査に特化した受験対策講座は 土曜日 10時40分から12時20分に開講しておりますので、

あわせてご検討ください!

 

② 寺子屋式国語を土曜日午後に開講します!(時間・授業内容応相談)

日曜夕方に開講していた「寺子屋式国語(個別指導型授業)」を土曜日午後に開講します!(授業は山田が担当します。)

授業時間は(13時半から17時半)の中でご希望とご都合に合わせて調整を行います。

 

授業内容は、日ごろの学習状況や学習目標等をおうかがいしてから、1人1人の学習進度にあわせて授業内容を決定いたします。お気軽にご相談下ください。

受験や定期テストの対策をご希望の際は、お問い合わせの際に過去の試験結果と今後の受験予定をお知らせください。

 

平日の授業の都合がつかない場合の振り替え授業もこの時間帯で承ります。

 

読書の秋にスポーツの秋、充実した2学期を過ごしましょうー♪

 

フィロソフィア国語教室 西荻駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2018年9月10日 11時48分

2学期の授業について(西荻駅前教室)

駅前教室の2学期授業は国語教室・寺子屋教室ともに9月10日~12月22日まで開講の予定です。

新学期開講にあたり、新規入塾、クラス変更、進路等の学習相談(面談)のご予約も承っております。

メール・お電話にてお気軽にお申しつけください。

(電話に出られない場合は留守電にメッセージをお願いします。確認次第折り返しご連絡いたします。)

 

今学期もどうぞよろしくお願いします!

 

フィロソフィア国語教室・寺子屋教室 西荻駅前教室 山田あかね

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ 寺子屋教室について 未分類  投稿日時: 2018年9月2日 20時52分

夏期講習 講座案内(西荻駅前教室)

西荻駅前教室の夏期講習について、講座内容の詳細を公開します。 対象学年はあくまでも目安となりますので、どの講座を受講すればよいのか分からない・・ という場合は、お子様の学習状況や学習目的に合わせてお気軽にご相談ください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2018年7月7日 19時16分

夏期講習 講座案内

夏期講習の講座案内を公開いたします。

ご参照の上、メールまたはお電話でお申込みください。

また、ご質問やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

(※電話は出られない場合が多々ございます。留守電にメッセージをお残しください。)

★ 宮前教室 夏期講習2018 講座案内 受講料のお知らせ

★ 駅前教室 夏期講習2018 講座案内 受講料のお知らせ

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2018年7月3日 14時17分

夏期講習のご案内

2018年度夏期講習は7月末から8月末にかけて開講いたします。

駅前教室・宮前教室の両教室で、小学1年生から大学受験生までを対象に多くの講座を用意いたします。

国語を得意にしたい皆様のご参加をお待ちしております。

各講座の詳細は、近日公開いたします。

 

● 宮前教室 夏期講習スケジュール

 

7月27日~29日

 9:00~10:30 小学国語基礎A(小1~小3)

10:30~12:00 小学国語標準A(小4~小6)

13:00~15:00 中学国語標準A(中1~中3)

15:00~17:00 現代文読解A(高1~大学受験生)

 

7月30日~8月1日

 9:00~10:30 小学国語標準B(小4~小6)

10:30~12:00 小学国語発展A(小5~小6)

13:00~15:00 夏の精読教室A(中2~高1)

 

7月31日・8月1日

15:00~17:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

17:00~19:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

 

8月2日~4日

 9:00~10:30 小学国語基礎B(小1~小3)

10:30~12:00 小学国語発展B(小5~小6)

13:00~15:00 中学国語標準B(中1~中3)

15:00~17:00 現代文読解B(高1~大学受験生)

17:00~19:00 古文特訓A(高2~大学受験生)

 

8月2日・3日

 9:00~10:30 夏の補習教室(全学年)

10:30~12:00 夏の補習教室(全学年)

 

8月6日~8日

 9:00~10:30 小学国語基礎C(小1~小3)

10:30~12:00 夏の精読教室B(小4~中1)

13:00~15:00 古文基礎A(中3~大学受験生)

 

8月6日

9:00~10:30 夏の補習教室(全学年)

10:30~12:00 夏の補習教室(全学年)

 

8月7日・8日

15:00~17:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

17:00~19:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

 

8月9日・10日

 9:00~10:30 夏の補習教室(全学年) 

10:30~12:00 夏の補習教室(全学年)

13:00~15:00 漢文読解A(高1~大学受験生)

15:00~17:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

17:00~19:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

 

8月13日~15日

 9:00~10:30 小学国語標準C(小4~小6)

10:30~12:00 小学国語発展C(小5~小6)

13:00~15:00 夏の文法教室(小6~中3)

15:00~17:00 夏の精読教室C(中2~高2)

17:00~19:00 古文特訓B(高2~大学受験生)

 

8月17日~19日

 9:00~10:30 小学国語基礎D(小1~小3)

10:30~12:00 小学国語標準D(小4~小6)

13:00~15:00 古文基礎B(中3~大学受験生)

15:00~17:00 現代文読解C(高1~大学受験生)

 

8月20日・21日

 9:00~10:30 夏の補習教室(全学年)

10:30~12:00 夏の補習教室(全学年)

13:00~15:00 漢文読解B(高1~大学受験生)

15:00~17:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

17:00~19:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

 

8月22日~24日

 9:00~10:30 小学国語基礎E(小1~小3)

10:30~12:00 夏の精読教室D(小4~中1)

13:00~15:00 中学国語標準C(中1~中3)

15:00~17:00 現代文読解D(高1~大学受験生)

 

8月27日~29日

 9:00~10:30 小学国語標準E(小4~小6)

10:30~12:00 小学国語発展D(小5~小6)

13:00~15:00 中学国語標準D(中1~中3)

15:00~17:00 古文特訓C(高2~大学受験生)

17:00~19:00 現代文読解E(高1~大学受験生)

 

8月27日・28日

 9:00~10:30 夏の補習教室(全学年)

10:30~12:00 夏の補習教室(全学年)

 

8月30日・31日

 9:00~10:30 夏の補習教室(全学年)

10:30~12:00 夏の補習教室(全学年)

13:00~15:00 漢文読解C(高1~大学受験生)

15:00~17:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

17:00~19:00 志望校対策(小6・中3・大学受験生)

 

 

◎駅前教室 夏期講習予定

8月1日・2日・3日

9:00~10:30 小学生基礎①(小1~小4)
10:30~12:00 小学生標準①(小4~小6)
14:00~16:00 中学生標準①(中1~中3)
16:00~18:00 小学生発展①(小5~小6) 

8月6日・7日・8日

10:00~12:00 都立中高一貫校対策(小5~小6)
13:00~15:00 夏の精読教室①(小4~小6)
15:00~17:00 テーマ小論文(中2~大学受験生)
17:00~19:00 寺子屋式国語①(全学年)


8月9日・10日・11日

9:00~10:30 小学生基礎②(小1~小4)
10:30~12:00 偉人の生き方を学ぼう(小4~小6)
14:00~16:00 小学生発展②(小5~小6)
16:00~18:00 夏の精読教室②(中1~中3)
 
8月16日・17日・18日

10:00~12:00 物語作家になろう(全学年)
13:00~15:00 中学生のための基礎英語(中学生)
15:00~17:00 マンガで英文読解基礎(中学生~高校生)
17:00~19:00 禅で学ぶ漢文入門(中3~大学受験生)

8月20日・21日・22日

9:00~10:30 小学生基礎③(小1~小4)
10:30~12:00 世界の文化を学ぼう(小4~小6)
13:00~15:00 夏の精読教室③(中3~高校生)
15:00~17:00 中学生標準② (中1~中3)
17:00~19:00 寺子屋式国語②(全学年)

8月23日・24日・25日

10:00~12:00 都立中高一貫校対策②(小5~小6) 
14:00~16:00 夏の精読教室④(小4~小6)
16:00~18:00 現代文読解(高校生~大学受験生) 


8月28・29日・31日(30日はお休みです)

9:00~10:30 小学生標準②(小4~小6)
10:30~12:00 過去と未来を学ぼう(小4~小6)
13:00~15:00 高校入試対策国語(中2~中3)
15:00~17:00 高校入試英語長文読解(中2~中3)

8月27・28日・29日・30日・31日・9月1日

17:00~19:00 徹底攻略!古文読解の基礎(高校生~大学受験生)
19:00~21:00 TIMEで完成する英語総合(高校生~大学受験生)

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2018年6月26日 12時52分

フィロソフィア文化サロン開講記念イベントのお知らせ

「フィロソフィア文化サロン」新規開校を記念して、

6月3日に西荻駅前教室にて、

一般の方にもご参加いただける開講イベントを実施します。

ただいまお席のご予約受付中。

お問い合わせフォームよりご予約ください。  

 

イベント①

                           

  一般公開講座「禅の文化史」

  10時半~12時 (受講料無料)  講師:飯島孝良

 

 マインドフルネスの流行や、スティーブジョブズが関心を寄せていたことにより、

今、禅に対する注目が世界的に高まっています。

「フィロソフィア文化サロン」では、禅文化についてこれまでなじみのない方でも、

その理解を深めることのできる教養講座「禅の文化史」を開講します。

イベントでは開講に先立ち、 これまで禅がどのようなイメージで語られてきたか、

禅文化に触れるために必要な知識とは何かについて わかりやすくお話しします。  

 

「禅の文化史」講座詳細&飯島講師のプロフィールはこちら。    

 

 

イベント②

 

   FUNKIST宮田泰司・シンガーソングライター祐日

   ミニトークライブ

   音楽と言葉の力~最初の一歩を踏み出そう~
 

   14時~16時(参加費1000円 学生無料) 

    出演:宮田泰治(FUNKIST)、祐日


 

 世界最高峰ともよばれるアメリカの「Berklee College Of MUsic」で音楽理論を学んだ後、

FUNKISTのギタリストとして世界中で音楽を奏でてきた宮田泰治氏と、

言葉の力を大切にする歌詞と、人々の心を癒す歌声が話題のシンガーソングライター祐日による

フィロソフィアコラボライブを開催! 常に音楽の技術を学び、新たなチャレンジを続けてきた2人が、

「フィロソフィア文化サロン」開講にあたり、新しいことを始めることの大切さ、音楽と言葉の力について語り、

歌とギターで癒します。国語教室とのコラボ授業もあります。

 

出演者情報

FUNKISTオフィシャルHP

祐日オフィシャルHP       

 

             

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ 一般向け企画  投稿日時: 2018年5月23日 20時39分

「フィロソフィア文化サロン」開校のお知らせ

2018年6月より、西荻駅前教室では新教室「フィロソフィア文化サロン」を開校します。

 

「文化サロン」は、これまでフィロソフィアで学ぶことのできなかった大人の方々も含め、

より多くの方に学ぶことの楽しさを味わっていただくための、新しいカルチャースクールです。

 

今までできなかったことが、できるようになること

今まで想像が出来なかった世界を知ること

自分より優れた人に学び、近づくこと

そうして新しい自分へと変化していく楽しみを味わうとともに、

主体的に自分を成長させているという自在感を、

自信へとつなげていくこと

新しく身に着けた、技術や知識を通じて

ほかの誰かと、新しいつながりかたができるようになるということ・・・

 

こうして少し、考えてみるだけでも、

学ぶことは私たちの人生を豊かにし、楽しませてくれる最高の娯楽です。

子どもから大人まで、初心者でも楽しめる講座ばかりをご用意しておりますので

ぜひお気軽におこしください。詳細はこちら

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ  投稿日時: 2018年5月20日 17時56分

新クラス開講のお知らせ(西荻駅前教室)

6月より西荻駅前教室にて、水曜日と日曜日に新しいクラスを開講します!

体験授業も予約受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

 

【水曜日】

 

17:00~19:00 大学受験国語

 

物語にせよ論文にせよ、国語は我々が感じ考えるうえで大きなヒントを与えてくれる「宝の山」です。こうしたものを基にして、今でも多くの映画やマンガが生み出されているのがその証拠だろうと思います。現代文や古典が苦手だというとき、その要因のひとつはいわゆる「文法」や「句法」にあります。ですが、いちどそうした知識の全体を見渡してみると、身に着けるべき分量は思いのほか多くないことに気づきます。この講座では、これまでの前提知識や思い込みをいちど捨ててもらい、国語の文章がどのような構造で成り立っているかを学び直してもらいます。具体的には、講師の用意した教材(テキストとプリント)を用いて、文章構造を捉えるための知識を完成させていきます。


①現代文  文章を批判的に読むために必要なルールを提示し、論理的な読解を可能にする。

②古文  「古文解釈の技法」を提示し、文法体系に基づく精確な理解を試みる。

③漢文  「漢文解釈の技法」を提示し、訓読と中国語文法に着目した読みが出来るようになってもらう。

 

学校の授業で古典が嫌がられるのは、その多くが味気ない恋愛物語やおとぎ話のような類の文章ばかり読まされることも要因です。この講座では、読んで面白い文章――本当の意味で豊かな文化的景を伝える「古典(クラシック)」を採用して読解します(具体的には、孔孟老荘や仏典など日本文化の源泉となったものや、『十八史略』や『蒙求』などかつての寺子屋で扱われたものなどを扱います)。後期に入ってからは、センター試験問題を難なくこなせるレベルをクリアし、受講者の志望校の問題へ対応できるような方法を提示します。

 

19:00~21:00 大学受験英語

 

この講座は、イチから英語を学び直すことで、もっとも苦手なひとでも難関大の問題を難なくこなせるレベルまで鍛えあげることを目指します。1年間を通じて、われわれが構築するべき「基礎」は、次のみっつだと考えています。

 

「英文構成法」の完成(語法・構文・連語の体系的修得)

「英文批判の技法」への着目(長文読解の具体的アプローチ)

英文を深く読み込む「思考力」の獲得(背景知識への習熟)

 

この基本ルールを徹底させることで、正確な知識に基づいた英文解釈・英作文への強力なステップとします。こちらの用意する教材にきっちりと取り組んでもらい、最終的にはさまざまな長文読解問題・英作文問題・英文法問題にも自由自在に対応する力を完成させていきます。

夏期講習では講師オリジナルのテキストを用意します。ここでは、ひとつのハイレベル英語長文(米国のTIME誌)に集中し、これをさまざまな方向から徹底的に詳しく読みこむことで、読解や作文に必要な「英文構成法」(語法・構文・連語表現)をすべて完成させます。このような基礎の完成を基に、入試問題突破への指針を提示します。冬期講習でも講師オリジナルのテキストを用いて、センター・国公立大・私大それぞれの入試問題を研究します。さらに「整序」「空所補充」「口語会話」「英作文」「発音・アクセント」「長文読解」など、出題形式別に問題の解法をあますところなく提示し、実際の入試にいかにして臨むべきかを詳細に講義します。テキストには、本番までに絶対身につけておくべき知識を総整理した「英文批判のための重要構文270+」を付録しています。

 

【日曜日】

 

16:30~18:30 寺子屋式

 

小学1年生から大学受験生までの全学年を対象に、各生徒の学習状況と希望にあわせて個別対応の授業をご提供します。

平日の授業にご参加できない方や、国語・英語の補習をご希望の方、学校の試験対策や志望校に的を絞った過去問対策など教材を指定して学習したい方、

ぜひお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ  投稿日時: 2018年5月16日 19時46分

新講師からのご挨拶

6月から国語教室の新たな講師として、飯島孝良先生が加わります。

駅前教室で水曜日に大学受験の国語と英語、日曜日に中学受験の国語を担当します。

また、一般向けの講座として、「禅の文化史」と「大人のやり直し英語」を開講します。

どうぞご期待ください。

 

【講師紹介】

 

飯島 孝良(いいじま たかよし)

 

上智大学外国語学部(仏語学科)卒、

東京大学大学院人文社会系研究科(宗教学宗教史学専門分野)博士課程修了。博士(文学)。

研究領域は、禅文化史(とくに一休)、宗教思想史(とくに近代日本における仏教とキリスト教)。

清泉女子大学講師、親鸞仏教センター(真宗大谷派)嘱託研究員。

主な著作に、「一休皇胤説と岐翁実子説」「一休の著作―『狂雲集』『自戒集』そして仮名法語―」「一休はどう読まれてきたか―その像の系譜―」(以上はともに、芳澤勝弘編『別冊太陽223 一休―虚と実に生きる―』平凡社、2015年)。

 

「基礎をどこまでもごまさかない」をモットーに、十数年にわたって国語・英語の指導に従事。

知識ゼロからであっても、体系的な知識の把握と文章の構造的理解を徹底することで、

自在に読み書きできるようになる講義をめざしている。

国語については東大など難関大学の入試問題指導から小学生低学年の国語指導、

英語については医系英語や難関理系英語から大学院入試英語などの指導に携わってきた。

主な合格実績は、慈恵医大(医)、順天堂大(医)、東京理科大(理・工)、中央大(経済)、日本大院(理工)ほか多数。

 

【ご挨拶】

 

現在の実力は一切問いません。

ただひとつ、教室に持ってきてもらえるとありがたいのは、「好奇心」です。

こちらの提示する知識や問いかけに対して、「それはいったいどういうことなんだろう?」

「何故そういうことになっているのだろう?」という疑問をまっすぐにぶつけてもらい、

どんな小さなことでも楽しみながら理解していくことを目指していきたいと考えています。

講師として、受講される方々に提供できる限りのものを提供したいと思います。

 

  •  「ルール」(文法・句法)の修得方法を指南する教材
  •  深い「思考力」を鍛えるための一級品の文章(テクスト)
  •  「対話」を重視する講義形式

 

こうしたものを通して講師と意見や考えを交わしあい、

ことばを少しでも正確に深く理解してもらいたく思います。

基礎を繰り返す講義のなかで、少しでも「学ぶ楽しさ」「わかる喜び」を共にしていければと願っています。

ことばがわかるようになると、実に多くのことがみえてくるようになってきます。

ことばによって、我々は人間を理解し、世界を理解し、歴史を理解するようになっていく

――しかし、それが勝手な思い込みによる理解であっては、大きな誤りを生み出します。

出来る限り主観を排除し、客観的な眼でごまかしなく理解することこそ、

本当の意味での「批判critique」です。

国語や英語を「批判」的に捉えながら、ことばを自在に使いこなしてもらえるよう、

少しでもお手伝いできれば幸いです。 

 

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ  投稿日時: 2018年5月10日 03時11分

新クラス増設のお知らせ

宮前教室で月曜日と土曜日に新しいクラスを開講しました!

人数にまだ余裕がございますので、お気軽にお問い合わせください。

 

☆ 月曜日

 16:00~17:00 小学生基礎クラス

  小学1年生~4年生を対象に、作文と読解の練習に取り組みます。あらゆる学習の土台となる国語の力を丁寧に育みます。

 17:00~19:00 寺子屋式クラス

  小学1年生から大学受験生までの全学年を対象に、各生徒の学習状況と希望にあわせて個別対応の授業をご提供します。国語はもちろん、算数・数学や英語、理科、社会にも対応いたします。受け入れ可能人数は5名までです。

 19:00~21:00 大学受験クラス

  大学受験に必要な現代文・古文・漢文・小論文の学力を基礎から丁寧に育みます。抽象的な評論を読み解くために必要な読解方法と背景知識を詳しく説明するとともに、古文・漢文の基本文法と語法をひとつひとつ解説します。

 

☆ 土曜日

14:00~16:00 寺子屋式クラス

小学1年生から大学受験生までの全学年を対象に、各生徒の学習状況と希望にあわせて個別対応の授業をご提供します。 国語はもちろん、算数・数学や英語、理科、社会にも対応いたします。受け入れ可能人数は5名までです。

16:00~18:00 作文・精読クラス

小学4年生から6年生までを対象に、作文と読解を得意にするための練習に取り組みます。読みやすくて充実した内容を持つ文章を書くための方法を学ぶとともに、文章を正確に理解してじっくりと考える習慣を身につけてください。

18:00~20:00 中学生クラス

中学1、2年生を対象に、中学生として身につけて欲しい読解力・表現力・思考力の養成に取り組みます。漢字はもちろん、抽象的な語句を習得し、自分の考えを論理的に展開する技法を身につけ、難解な文章に立ち向かう喜びを感じてください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ  投稿日時: 2018年5月8日 15時37分

2018年の合格実績

 

合格おめでとう!

フィロソフィア国語・寺子屋教室 合格実績2018

 

〈大学受験〉

 

杏林大学看護学部

慶應大学環境情報学部

慶應大学法学部

順天堂大学スポーツ健康科学部

上智大学文学部

筑波大学人間学群心理学類

東京女子大学部現代教養学部

東京理科大学経営学部

びわこ成蹊スポーツ大学スポーツ学部 

明治大学情報コミュニケーション学部

明治大学総合数理学部

立命館大学食マネジメント学部

早稲田大学文化構想学部

 

 

〈高校受験〉

都立西高校

国際基督教大学高等学校

 

〈中学受験〉

東京電機大学中学校

日本大学第二中学校

日本工業大学駒場中学校

 

 

※ 大学、高校、中学の順に主な合格校名を五十音順で掲載してあります。赤字は進学先です。詳細を知りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 合格実績  投稿日時: 2018年4月10日 22時01分

春期講習のご案内

春期講習の講座案内を公開いたします。

→ 駅前教室 講座案内

  宮前教室 講座案内

ご参照の上、メールまたは電話でお申込みください。

※ 電話がつながらずご迷惑をおかけすることが多々あります。

  留守電にメッセージをお残しいただくか、メールでお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2018年2月28日 15時57分

冬期講習 講座案内

冬期講習の講座案内を公開いたします。

→ 駅前教室 講座案内

  宮前教室 講座案内

ご参照の上、メールまたは電話でお申込みください。

※ 電話がつながらずご迷惑をおかけすることが多々あります。

  留守電にメッセージをお残しいただくか、メールでお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2017年12月14日 12時56分

西荻駅前教室日記(14)

2学期。

中学生の精読教室では、宮沢賢治「土神と狐」を読みました。

 

神様と狐が、1本の樺の木に恋をする、

というなんとも宮沢賢治らしい独創的な設定で三角関係を描いたこの作品。

設定こそ現実離れしているのですが、そこに表現される感情はとても身近で、俗っぽくて切実で

そんなバランスが、個人的にとても好きな作品です。

 

土神は直情的でとっても素直な性格。

身なりも言葉も乱暴で、樺の木の目の前でも狐への嫉妬を隠せず、どなったり悪口を言ったりするので嫌われてしまい、泣きじゃくります。

いっぽう狐は、一見世渡り上手で器用な性格。

樺の木に好かれるために嘘をつくことで、ライバルの土神を圧倒して樺の木には尊敬されるのですが、

本当のことを話せない罪悪感と孤独感に苦しみます。

 

ありのままの自分、では受け入れてもらえなくて、

かと言って、格好つけた嘘の自分を受け入れてもらっても満たされない。

悪人はどこにもいなくても、善人の弱さだけで悲劇が起こることがある。

しかし悲劇の渦中にいる人は、傍から見ると滑稽で喜劇的だったりして・・・

うーん、まさに複雑な人間社会の鏡のよう。

 

授業では、すべてを読み終えたうえで、

狐の死に顔が「うすら笑ったやう」だったというラストシーンの表現に関して、それぞれの解釈をまとめてもらいました。

これでもう樺の木に嘘をつかずに済むという解放感から「うっすら」と笑みをうがべていた

という意見や、

きつねの嘘を真に受けて、殺人までしてしまった土神を嘲って「うすら笑い」をしていた

という意見・・・

どちらもあり得るし、宮沢賢治がどちらにも読めるように計算して書いたのでは?

という気もしてきます。

 

読み込めば読み込むほどに、人間関係の酸いも甘いも感じさせられるような味わい深い作品です。

 

               フィロソフィア国語教室 西荻駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2017年10月4日 21時51分

西荻駅前教室日記(13)

夏期講習。

 

初授業「偉人の生き方を学ぼう」では、幾人かの伝記資料を取り扱いました。

まずは教材づくり。子ども向け・大人向けの伝記、論文、ネット上の不確かなうわさ話や武勇伝などを乱読しながら

1人の生涯を追究するのはたいへんにおもしろい(しかしそれなりに時間もかかる)作業でした。

 

伝記資料はまず、授業に参加する生徒と同じ年頃(10才頃)のエピソードや、日常的な文脈の中でも人柄がわかるエピソードを中心にまとめることを意識しました。

「偉人」というと「雲の上の人」「天才」「自分たちとは違う」というイメージがつきものなので、なるべく親しみを持ってもらうことがねらいです。

一方で、「偉人」ならではの「凄み」も感じてもらえるよう、努力の質と量がわかりやすく感じられるエピソードや、格言、人生のターニングポイントとなった出来事なども盛り込みました。

 

 一度きりの人生。何かを成し遂げたいけれど、平凡なわたしに何ができるだろう?

 

そんな、子ども時代の漠然とした不安に希望を見出してもらうため、

偉人のちからをお借りしてのコラボ授業、というつもりで資料を編集していきました。

 

1人の人生を語るのに、2時間では授業時間が短すぎるかとも思ったのですが、

皆授業が終わる頃には「偉人」にも親しみをもてているようで、自分なりの感想文を完成させていました。

 

とくに、「アインシュタイン」の人生をあつかった回の感想文では、

自分の発明が原子爆弾の開発に役立ってしまったことに対する

アインシュタインの苦悩に思いをよせている子が多かったのが意外でした。

 

この時アインシュタインを悩ませる「影響力を持つことの恐ろしさ」とは、

おそらく多くの経験を積み、責任を背負ったあとから生まれてくるとても「大人っぽい」感情です。

 

しかし、「影響を受け取るばかりの子どもには、まだわからないでしょう?」というのはどうやら大人の思い込みで

やわらかい想像力があれば、理解は経験を越えたところにちゃんと届くものだと改めて実感しました。

 

                          フィロソフィア国語教室 西荻駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2017年9月4日 11時15分

新学期の授業について

夏期講習へのご参加ありがとうございます。

新学期の授業は以下の日より再開いたします。

● 駅前教室 9月11日

● 宮前教室 9月4日

各教室、クラスの詳細についてはメールでお問い合わせください。

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ  投稿日時: 2017年8月29日 08時25分

西荻駅前教室 夏期講習についてのお知らせ

募集締切講座 8月21日~23日 日本の民話を学ぼう、都立中高一貫校入試

       8月24日~26日 入試現代文②

       8月28日~30日 夏の精読教室

 

近年の都立中高一貫校受験の人気により、「都立中高一貫入試対策②」に予想以上に多数のお申込みをいただきました。

満席での開講も検討したのですが、短期集中講座ということもあり、より一人一人に寄り添った指導を行うためにも同内容のクラスを増設してご対応することといたしました。

 

つきましては、

 

8月24日・25日・26日  10時~12時

 

に、若干名追加募集を承ります。

お気軽にお問い合わせください。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類  投稿日時: 2017年8月17日 23時36分

夏期講習 講座案内

夏期講習の講座案内を公開いたします。

→ 駅前教室 講座案内

  宮前教室 講座案内

ご参照の上、メールまたは電話でお申込みください。

※ 電話がつながらずご迷惑をおかけすることが多々あります。

  留守電にメッセージをお残しいただくか、メールでお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2017年7月2日 12時28分

夏期講習のご案内

夏期講習の時間割を公開いたします。

各講座の詳細については、近日中にお知らせいたします。

 

● 駅前教室の講座

 

 8月1日・2日・3日 

    9:00~10:30  小学生基礎①(小1~小4)

   10:30~12:00  小学生標準①(小4~小6)

   13:00~15:00  精読教室① (小4~小6)

   15:00~17:00  小論文基礎①(中2~高2)

   17:00~19:00  センター試験現代文(高2~高3)

  

 8月4日・5日・7日

   10:00~12:00  物語作家になろう!(小3~小6) 

   13:00~15:00   中学生標準①(中1~中3)

   15:00~17:00  都立中高一貫校入試対策①(小5~小6)

   17:00~19:00  入試現代文①(高2~高3)

 

 8月8日・9日・10日

   10:00~12:00  精読教室②(小6~中3)

   13:00~14:30  日本の民話を読もう①(小2~小4)

   15:00~17:00  偉人の生き方を学ぼう①(小4~小6)

   17:00~19:00  都立高入試対策①(中2~高1)

 

8月11日

   13:00~16:00  いわさきちひろの世界(課外授業・学年不問)

 

 8月17日・18日・19日 

   9:00~10:30   小学生基礎②(小1~小4)

  10:30~12:00   小学生標準②(小4~小6) 

  13:00~15:00   小学生発展①(小5~小6) 

  15:00~17:00   精読教室③ (小6~中3)

  17:00~19:00   現代文論述(高1~高3)

 

 8月21日・22日・23日 

  10:00~12:00   精読教室④(小4~小6) 

  13:00~14:30   日本の民話を読もう②(小2~小4)

  15:00~17:00   都立中高一貫校入試対策②(小5~小6)

  17:00~19:00   都立高入試対策②(中2~高1)

 

 8月24日・25日・26日 

   10:00~12:00  入試現代文②(高2~高3)

   13:00~15:00  偉人の生き方を学ぼう②(小4~小6)

   15:00~17:00  小学生発展②(小5~小6) 

   17:00~19:00  中学生標準②(中1~中3)

 

 8月28日・29日・30日 

   9:00~10:30   小学生基礎③(小1~小4)

  10:30~12:00   小学生標準③(小4~小6)

  13:00~15:00   小論文基礎②(中2~高2)

  15:00~17:00   精読教室⑤(中3~高3)

 

● 宮前教室の講座

 

 7月31日~8月2日

   9:00~10:30   小学国語基礎A(小1~小4)

  10:30~12:00   小学国語標準A(小4~小6)

  13:00~15:00   夏の精読教室A(小5~中3)

  15:00~17:00   古文読解A(高1~高3)

  17:00~19:00   現代文読解A(高1~高3)

 

 8月3日~5日

  9:00~10:30    小学国語標準B(小4~小6)

 10:30~12:00    小学国語発展A(小5~小6)

 13:00~15:00    中学国語標準A(中1~中3)

 15:00~17:00    古文基礎A(中3~高3)

 17:00~19:00    漢文読解A(高1~高3)

 

 8月7日~9日

   9:00~10:30   小学国語基礎B(小1~小4)

  10:30~12:00   小学国語発展B(小5~小6)

  13:00~15:00   夏の文法教室(小6~中3)

  15:00~17:00   現代文読解B(高1~高3)

  17:00~19:00   古文読解B(高1~高3)

 

8月10日~12日

   9:00~10:30   小学生標準C(小1~小4)

  10:30~12:00   小学国語発展C(小5~小6)

  13:00~15:00   中学国語標準B(中1~中3)

  15:00~17:00   古文基礎B(中3~高3)

  17:00~19:00   漢文読解B(高1~高3)

 

8月14日~16日

   9:00~10:30   小学国語基礎C(小1~小4)

  10:30~12:00   小学国語標準D(小4~小6)

  13:00~15:00   夏の精読教室B(小5~中3)

  15:00~17:00   古文読解C(中3~高3)

  17:00~19:00   現代文読解C(高1~高3)

 

8月19日・21日・22日・25日

  10:30~17:00   夏の補習教室(全学年)

 

8月28日~30日

   9:00~10:30   小学国語基礎D(小1~小4)

  10:30~12:00   小学国語発展D(小5~小6)

  13:00~15:00   中学国語標準C(中1~中3)

  15:00~17:00   現代文読解D(高1~高3)

  17:00~19:00   古文読解D(高1~高3)

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2017年6月20日 16時01分

新授業のご紹介

西荻駅前教室にて、6月より新授業を開講しました!

 

大学受験現代文・・・月曜18時10分~19時50分

各生徒の志望校に合わせた読解・小論文作成の対策を行います。隔週で授業を行うため、どちらかの授業のみの受講も可能です。現代文の授業では、センター試験や大学受験の過去問題を用いて、テクニックに依拠せずに、文章構造を深く理解するための丁寧な読解方法を伝授し、解答を導くための方法論を指導します。小論文の授業では、受験小論文の頻出テーマをより深く理解するために必要な教養知識の獲得と、論の組み立て方や添削指導を通じた表現力の向上を目的とした指導を行います。授業ではこちらで課題を指定して授業を進めますが、志望校の過去問対策にも対応し、個別に添削指導を行います。

 

 

カウンセリングコース・・・月・木・金 10時~11時、11時~12時、13時~14時のうち要相談

 

個別の事情により学校で学ぶことのできない方を対象とした、昼間開講の完全個別クラスです。不登校、高卒認定資格取得、自宅浪人生にも対応します。

授業時間は基本的に1時間ですが、このコース受講の方に限り、ご希望があれば国語教室の他の授業を1コマ、寺子屋教室の授業を1コマ無料で受講いただけます。

 

各授業とも、体験授業を承っております。お気軽にお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2017年6月1日 15時16分

西荻駅前教室日記(12)

5月14日にSchipによるワークショップが開催され、私も参加させていただきました。

 

「入試現代文」の「正答の無さ」を逆手に取ったこの企画。

Schipは、東大の入試問題を題材としたぶ厚い参考書を作成しているのですが・・・

そこの参考書から辿り着く「答え」と赤本や予備校の「模範解答」が全く違うというのがまずはおもしろいのです。

 

その道のプロとされる人たちの間ですら「答え」がちがう・・

するとじゃあ、「答え」って何なのさ、と放り出されることになるのですが

その「突き放し」が

「解くから問うへ」をテーマとするSchipのねらいとなっているようです。

 

思えば、日々の生活で直面する「問題」は答えの無いものばかり。

「尊厳死を認めるべきか」「増税はすべきか」といった社会的なものから、

「私と仕事どっちが大事なのよ」「このパンに合うおかずはなにかなぁ」まで

あぁ、なやましい。

 

しかし、満場一致で完璧だと認められるような答えを出せないにしても

「より良い」答えを追求し、それを論証していくことはできます。

(たとえば、最後の問いはみそしるよりもスープが「正」にちかいと論証するのは難くない)

 

追求と論証を繰り返し、頭をひねりながらええいと自分なりの正答を編み出していく

日々の意思決定に伴う、スリリングな感覚の疑似体験

あぁ、これが「現代文試験」における「記述式課題」の醍醐味だなあと

改めて思いだされました。

 

「現代文試験」を「ラベルの張替え」という比喩で、

広告マーケティングになぞらえていたのもとてもよかったです。

身近でユーモラスな映像資料から

「机上」と「社会」がスムーズにつながるよう、思考を導いてくれる仕組みになっていて

なごやかな雰囲気の行間からも

勉強って机に向かって点数を取るためにやるんじゃないんだぞ

という、熱のこもった教育論ががんがん伝わってきて、

あっという間に時間が過ぎました☀

 

簡単なゲームによるアイスブレイク、その後の解説ではスクリーンへとみんなの意識を集中させることで

メインの問題演習時に、集中力を紙の上へと自然に移行できるような流れになっていたのもよかったです。

 

私はまだまだ机上に生徒を縛りすぎているような気がするから

もっとアクティブラーニングの考えを取り入れながら

いろんな感覚を研ぎ澄ませられるような学び方を試していかないと、と

授業づくりの面でもとても勉強になりました。

 

いちばんの反省は、

いい企画なのに、宣伝を十分にできなかったこと。次回までの課題とします。

 

SchipのかっこいいHPはこちら。アプリもたのしそう。

 

                            フィロソフィア国語教室 西荻駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2017年5月20日 11時50分

Schip主催ワークショップのご案内

5月14日(日)15時~18時

西荻駅前教室において、Schipの皆さんによるワークショップが開催されます。

 

Schipは、

読解→解答作成の思考プロセスに着目した独自の参考書を開発するなど

現代文の入試問題をツールとして

「解く」だけでなく「問う」力を養うための、新しい学びを提案している若手チームです。

 

小学生~大人までお気軽にご参加いただける企画となっておりますので、

参加希望の方は、こちらからお申し込みください。

 

詳細はこちらのチラシをご覧ください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2017年4月27日 22時42分

2017年の合格実績

合格おめでとう!

フィロソフィア国語・寺子屋教室 合格実績2017

 

〈大学受験〉

 

青山大学経営学部

慶應大学商学部部

慶應大学文学部

上智大学国際教養学部

東京理科大学理工学部

中央大学経済学部

日本大学芸術学部

法政大学グローバル教養学部

明治大学国際日本学部

早稲田大学社会科学部

早稲田大学商学部

早稲田大学文化構想部

早稲田大学文化構想部

早稲田大学教育学部

早稲田大学人間科学部

 

 

〈高校受験〉

 

佼成学園高等学校

国際基督教大学附属高等学校

中央大学附属杉並高等学校

都立国分寺高校

都立世田谷総合高校

都立東京農芸高校

都立稔ヶ丘高校

 

〈中学受験〉

 

大妻中野中学校

 

※ 大学、高校、中学の順に主な合格校名を五十音順で掲載してあります。

赤字は進学先です。詳細を知りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 合格実績  投稿日時: 2017年4月11日 15時58分

新年度の授業について

新年度の授業は4月10日より開講いたします。

今年度の時間割は授業紹介ページにてご確認ください。

 

休講中はお電話に出られないことがございます。

お問い合わせの際は、留守番電話にメッセージを残していただくか、メールをいただればお返事いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー お知らせ  投稿日時: 2017年4月3日 17時53分

西荻駅前教室日記(11)

春期講習。

小学校高学年生を対象にした「中学受験対策」講座では、

都立中高一貫校「適性検査」の過去問題を取り扱い、課題文の精読と意見文の作成に取り組んでもらいました。

 

「適性検査」の課題文は、小学生向けにしては抽象度の高い評論や随筆が取り上げられることが多いのですが、

まずはゆっくりと内容を確認しながら読み合わせを行い、

本文で言われていることの具体例をあげてもらったり、分かりにくい表現について解説を挟んだり、

課題文の理解を十分に深めてから設問に取り組んでもらうと、

記述式の課題は解答の精度が上がり、作文の内容にも深みが出てきます。


解説の際は、

生徒が自力では発想できずとも「あぁ、こういうことか」と、想像を追いつかせることができるような

日常的な例を、どれだけ多く伝えられるかが大切だと感じています。

経験値の不足を補うことで、

小学生でも、大人目線で書かれた文章を「自分の問題」として、捉え直してもらえるような発話を心がけています。

 

都立中高一貫入試は、テクニックだけで解けない良問だからこそ、

文章と向き合い、しっかり読み込む粘り強さが必要となります。

深く読み込み、何度も何度も一つの作文を書き直すという根気のいる作業を繰り返して

脳がブドウ糖をたくさん消費したのか

皆、授業が終わる頃にはおなかがペコペコになっていました。(授業は午前中でした)

 

お昼休みに生徒といっしょにおべんとうを食べるのも、講習のひそかな楽しみです。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2017年4月1日 00時00分

西荻駅前教室日記(10)

受験シーズンの終了。

 

自分が高校を受験する時、痛々しいほどに誰よりも努力していた友人が落ちてしまい、

大学を受験する時もいろんな人のそんな姿を見ては、

受験はむごいもの、いやなものだとばかり思ってきたのですが、

誠実な努力が実を結ぶのはやはりうれしいもので

その喜びに少しでも役立てたのであれば、これほどうれしいことはありません。

 

受験なんて負けたとしても、幸せにはなれるのだから、

という考えも、生きていく上ではとても大切で

実際、希望通りの進学先に進めたからといって

さらに未来を見れば、何が約束されるでもないのかもしれないけれど、

やっぱりやるからには勝ちに向かってほしいと思うし、

その過程に手を抜かないで立ち向かう人は、

たとえ受験で負けたとしてもいずれは勝つのだと思います。

がんばれなかった人が、負けてから立ち上がるのですら、遅くない。

あきらめるのはまだはやい、という言葉は

むしろ負けてからの方がふさわしいのでは?とすら思えます。

常に、人の勝利に貢献できる人間でありたいものです。

 

皆、新しい学校生活が素晴らしいものとなりますように。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2017年3月10日 00時00分

春期講習のご案内

今年度の春期講習は、宮前教室・駅前教室で以下の通りに開講いたします。

講座案内をご参照の上、メールまたはお電話でお申込みください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

宮前教室の講習 3月27日~4月1日 講座案内(宮前教室)

駅前教室の講習 3月25日~4月2日 講座案内(駅前教室)

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2017年3月2日 18時36分

西荻駅前教室日記(9)

作文を教えることの楽しさのひとつに、「ほめやすさ」があるのではないかと思うことがあります。

1+1=5

をほめるのはなかなか難しいけれど、

ある程度長い文章を書いてもらった時には、それに何かしらのよいところを見つけることができます。

 

たとえば低学年生向けの読解問題であれば

答えが少々ちがっていたとしても

「字をていねいに書けている」とか「習ったことのない漢字を書く事に挑戦できた」とか

「この部分の言いかえにこの言葉を使っているから、主人公の気持ちがよく伝わるね」

のように、よいポイントを探して指摘することができます。

 

そして「ほめことば」をプリントの隅に書きつけると、

どんなところがよかったのかな、と、その意味を一生懸命読みとろうとしてくれます。

「ほめことば」というのは、子どもにとって(大人にとっても?)最も「読みたい」「興味深い」文章のひとつなのではないでしょうか。

何であれ「読みたい」「知りたい」欲は学習の原点になるものだと感じているので、

私も「興味深い」ほめことばを伝えられるように、意識して言葉を選んでいます。

 

自分の良いところを客観的に知ることで自信をつけるとともに、もっとのばしていこうと思えるきっかけとなればと願っています。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室 山田あかね

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室日記 西荻駅前教室開校記  投稿日時: 2017年2月25日 00時00分

西荻駅前教室日記(8)

嘘をついてしまう子どもに対して、こちらは嘘だとわかっているのだけれど、叱ることも咎めることもしないままにその嘘に相槌を打って聞いている、、ということがあります。(大人同士でもありますが)

嘘を非難したり、論理がおかしいと指摘して論破することは簡単なのでしょうが、それで子どもが口も心も閉ざしてしまう方が、嘘をつかれるよりも嫌だな、と思うのです。

 

そもそも嘘とは、相手の気をひきたい、相手に気に入られたいという気持ちから出てくることが多いもので、

とくに子供の場合、自分を語るだけの表現力が足りなかったり、自然な状態では認めてもらえないという不安があったり、格好つけたかったり・・

嘘をつかなくてはならないそれなりの理由があるのだろうと推測できます。

 

口封じすることよりも、嘘でできた世界を他人にもわかりやすく伝えるための語り方を覚えてもらう方が、

かえって、本当のことを語るための表現力を身につけるために役に立つ、ということもあるのではないかと、私は考えています。

その遠回りを経て、本音を語る方が面白いということを知って欲しいなと思っているので、

嘘の向こう側にまで届くような相槌を、心がけるようにしています。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2017年2月17日 00時00分

寺子屋教室 講師紹介(2)

こちらのページでは寺子屋教室の個別指導担当講師を紹介していきます!

 

◎乙竹基◎ 一橋大学商学部2年

講師。先生。コーチ。

突然ですが、皆さんはこれらの違いをご存知でしょうか。大辞林から抜粋すると、講師とは「講演会や講習会で講演・講義する人」、先生は「学問・技芸などを教える人」、コーチは「相手が定めた目標を達成できるようコミュニケーションによって手助けする専門家」のことをそれぞれ指すようです。これを参考にすると、私が目指している姿はまさに‘コーチ’にあたります。子供の性格は千差万別であると同時に、彼ら彼女らの目標とそのアプローチもまた千差万別にあります。私は相互的なコミュニケーションにより生徒の目標を認識し一人ひとりに合ったコーチングをすることで、その達成のための‘手助け’に注力し続けたいと思います。

 

や問題集を研究し尽くしている乙竹さんは、授業はもちろん、学習計画のたて方、問題集の使い方など家庭学習の方法にまで及ぶ丁寧な授業が好評です。

中学受験~予備校に通わず独自の勉強法を模索した大学受験生時代の経験を活かしたストイックで楽しい?不思議な授業をぜひ体験してください。(山田)

 

◎増子彩夏◎ 東京大学教養学部文科三類1年
 

寺子屋教室では、講師1人につき生徒が1人か2人なので、きめ細やかな指導をすることができます。ただ勉強を教えるだけでなく、学習計画のたて方や進路についてもアドバイスをしていきます。がんばる意欲のある生徒さんをお待ちしています!
 

増子さんは主に、宮前教室の生徒さんを担当しています。

明るく優しく、親しみやすい雰囲気で、得意の語学を始めとした中高生向けの授業も、勉強が苦手な小学生向けの授業もオールマイティに授業をこなす頼りになるお姉さんです。(山田)

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 寺子屋教室について 未分類  投稿日時: 2017年2月1日 00時00分

寺子屋教室 講師紹介(1)

このページでは寺子屋教室にて、個別指導を担当している講師陣をご紹介してまいります!!

 

 ◎大田晋作◎ 東京大学文科三類 3年(教育学部教育社会科学専修比較教育社会学コース)

 

 「わかった!」「できた!」の喜びを一緒に味わえるよう、なるべく生徒さん目線に立って尽力いたします。

 よろしくお願いします。

 

勉強に不慣れな小学生への手取り足取りの授業から、中高生の定期テスト対策授業、センター試験や難関大学受験に向けた本格的な受験指導まで、

丁寧でわかりやすい指導が好評です。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 寺子屋教室について  投稿日時: 2017年1月7日 14時53分

駅前教室日記(7)

冬期の小学生精読教室では、「斎藤隆介童話集」を取り扱いました。

 

秋田の民話をモチーフにした作品が多く収録されているこちらの作品集。

とくに「モチモチの木」は子どもの頃、教科書で誰もが読んだ作品なのではないでしょうか。

 

弱虫だったり、噓つきだったり、無知だったり、素直になれなかったり、

そんな主人公が誰かのために立ち上がる姿に気持ちが高揚するのは

未熟な人間の奥にある誠実さをしっかりと見据える筆者のやさしさが

行間からあふれ出ているからだと思います。

 

最終日「ベロだしチョンマ」を読んだ際には

物語に書かれている情報をもとに「ベロだしチョンマ人形」の絵を描いてもらうという、少し変わった課題に取り組んでもらいました。

自分の手で映像化することで、チョンマの存在をよりありありと感じてほしいと考えたためです。

江戸という時代について、身分制度について、そこから生まれる不条理について

皆多くのことを考えさせられているようでした。

 

すべての作品に通じるテーマとして、

ちょうど今公開されている映画「この世界の片隅に」の原作者

こうの史代さんの「私は常に真の名誉を隠し持つ人間を書きたいと思っている」という言葉が思い出されました。

英雄でもなく、優秀でもない、一見平凡な人間の内側に秘められた高潔な精神。かっこいい。

 

童話集ながら、むしろ大人向けに書かれているのでは?と思わされる作品も多く

おすすめの1冊です。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記 西荻駅前教室開校記  投稿日時: 2017年1月6日 00時00分

新年の授業予定について

あけましておめでとうございます。

 

駅前教室の冬期講習は9日まで

寺子屋、国語教室の新学期授業(水曜日除く)は16日から開講します。

 

皆様にとり、良い年となりますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室 山田

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記 西荻駅前教室開校記  投稿日時: 2017年1月4日 18時50分

駅前教室日記(6)

先週から教室にも少しだけサンタクロースやリボンを飾りつけ、クリスマスムードをもりあげています。

 

小学校低学年生向けの「小学生基礎」では、季節に合わせてイギリスのクリスマスをテーマにした説明文読解に取り組んでもらいました。

子どもたちは基本的にクリスマスが大好きで、興味深い?内容でもあるらしく、集中して取り組んでいました。

 

クリスマスイブの夜、イギリスの子どもたちはファザー・クリスマスとトナカイの好物であるパイとお酒、ニンジンと水をそれぞれ枕元に用意してねむりにつきます。

一晩中、子どもたちの家をまわっていそがしい二人におれいをするのです。

そして朝になり、クリスマスツリーの下にたくさんのプレゼントがならべられていること、

枕元にあるニンジンの先が少しかじられていることに気がつくと、

自分が寝ている間に起きたすてきな出来事を想像して大喜びするのです。(課題文抜粋)

 

下線部の「おれい」について、詳しい内容説明をしてもらう記述問題では、

「おれい」の概念がわからず、「おれいって、ありがとうって言うってことかな?」と質問する生徒さんも見受けられました。

もらう楽しみとあげる楽しみが寝ている間にやってくるイギリスのクリスマス

子どもたちのわくわくする気持ちを想像するだけで、こちらまで楽しくなります。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2016年12月13日 11時05分

駅前教室日記(5)

期末テストシーズンが終わって、寺子屋教室に自習・質問へ来る中高生が減ってくると

いよいよ年末!という感じがしてきます。そして、同時に入試シーズンが始まります。

 

今は年明けの都立高校の推薦入試に向け、中3生の小論文添削も行っています。

自己推薦文や、志望理由をテーマにした課題が多いのですが

自分はこれまでどんな経験をしてきて、高校でどんなことがしたくて、将来どんなふうになりたいのか、

言葉にするのは、恥ずかしいし、難しいものです。

自分自身が中3生の頃も、自分のことはなかなか言葉にできなかったと思いいたります。

(高校生の頃は、1文字も書けないまま原稿用紙の前で7時間くらい固まってしまったこともありました。)

 

受験生には、いろんな角度から(具体的な角度、社会的な角度、抽象的な角度)自分の考えを言葉にしてもらい、

雑談をする時でも、面接や試験の時の引き出しをふやしておけるような対話を心がけています。

(就職活動の「自己分析」と似ていますね。)

 

自分のことがだんだん見えてくる、自分の考えができあがってくるというのは、

時間がかかるし、苦労することはあっても、心地のよいものです。

中学生のうちに一度、しっかりと向き合ってみてほしいです。

 

この時期にしか書けないパワフルな文章というものがあるのだなぁと、感じます。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2016年12月13日 10時48分

冬期講習のご案内

2016年度冬期講習の受け付けを開始します。講座案内をご参照の上、お申し込みください。

 

2016冬期講習 講座案内(坂爪担当・宮前・駅前教室)

2016冬期講習 講座案内(山田担当・駅前教室)

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2016年11月29日 10時23分

駅前教室日記(4)

11月末~12月上旬は期末テストの季節。

寺子屋教室に通う中高生も、毎日講師とともにテスト対策に取り組んでいます。

 

国語教室でも、希望があれば授業外に教科書の読み合わせや対策問題の演習を行っています。

私としては、生徒それぞれの学び方、躓き方の癖を知るための、貴重な時間でもあります。

 

私が中学生の頃からずっと教科書に掲載されている作品を、

大人目線で読み直すのも楽しみのひとつです。

たとえば、中学3年生の教科書に掲載されている「握手」。

中学生の頃は、先生に先立たれる生徒の悲しみが印象深かったのですが、

今読み直すと、先生の想いをより深く考えさせられます。

 

試験対策を通じて、教科書の作品をより深く味わうとともに

やればできる、という自信をつけてほしいです。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2016年11月26日 00時00分

寺子屋教室・土曜授業開講(駅前教室)

11月より、これまで平日の夕方のみに開校していた寺子屋教室の土曜日授業が始まりました!

 

9:00~10:30

10:30~12:00

 

の時間帯にて、人数限定で募集しております。

9時からの授業後に、お昼までに自習スペースで復習

なんて使い方がおすすめです。 

休日の朝をシャキッとスタートするためにも、朝学習の習慣づけを始めてみましょう。

 

 

                      フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2016年11月22日 10時54分

駅前教室日記(3)

しつこい喉風邪が流行っていて、いがいがしている子が増えています。

 

11月なのに雪が降った!

ということがトップニュースとなった先週

「小学生基礎」では、雪の結晶についての説明文を取り扱いました。

 

大人たちが、電車の遅延を心配したり、寒い寒いと嘆いている中

自由作文課題では、雪が降ってとてもうれしかったという主旨の文章を書いている生徒さんが多かったです。

基本的に、説明文よりも物語を好む生徒さんが多いのですが、

その季節ならではテーマを扱った文章は、説明文であっても子どもたちに人気があります。

 

読み物として楽しめる文章を書くことからも、良い教材づくりを極めていきたいです。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室  山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2016年11月10日 00時00分

駅前教室日記(2)

寒くなってまいりました。

 

今学期の「精読教室」では、有島武郎「一房の葡萄」を読んでいます。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000025/files/211_20472.html

 

「僕」に葡萄をさしだす優しい先生の「大理石のような白い美しい手」という記述に

私としては、聖母マリア像の姿を重ねてしまうのですが、

同時に、それが「どこにも見つからない」という最終段落の意味を

あれこれと深読みしたり、もやもやと考えさせられます。

 

授業ではとくに、「僕」が「ジム」の絵の具を盗んでしまう場面を、

人間の中にある「意識/無意識」に注目しながら読み進めました。

 

この場面を丁寧に読みわけていくと

「思わず」「夢で鬼にでも追いかけられた時のように」「半分夢のように」「なんのためだか知らないが」

という表現に見られる、自分が自分でなくなっていくようなと感覚と、

「急に頭の中が氷のように冷たくなる」

という表現の後に見られる、状況を客観的に分析する理性が

「僕」の中に同居していることがわかります。

 

このように、同一人物の中に相反する感情が同居していることや、

気持ちと行動が一致しないことについて、

なんとなく状況は理解できるものの、文章化するのを苦戦している生徒さんも見られました。

 

読了後は

「先生もジムも主人公にあますぎる!泥棒はもっとこらしめなきゃ。」という感想も聞かれましたが、

先生が自分を信じてくれたこと、友だちが受け入れてくれたことで「僕」が前よりも「いい子」になったというこの物語の結末が、

わたしにはとても自然なものとして受け入れられます。

 

ただ人の優しさに触れたり、その記憶を持っているということが

人を良い方向に向かわせていくことがあるのだということを

改めて思い出させてくれる作品です。

 

                 フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻駅前教室  山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2016年11月1日 11時11分

駅前教室日記(1)

2015年9月7日に開校した西荻駅前教室も無事に1周年を迎えることができました。

真新しい教室で塾長の開校記念講演を聞いた日が昨日のようで、あっという間の1年間でした。

 

開校時から来て下さっている生徒さんたちも、すっかりと教室に慣れてくれてうれしいかぎりです。

大人にとってはあっという間に過ぎてしまう1年間でも、子どもたちはおどろくほど成長するもので、、

背が高くなるのはもちろん、話の内容や、言葉遣い、字の書き方、勉強する時の表情など、着実に大人になっていくのがわかります。

1人1人の成長していく姿を間近で見られることが、

この仕事をするうえで、何よりの喜びであるように感じています。

 

ところで、先日中学時代の恩師に十数年ぶりにお会いする機会がありました。

 

先生は、人間の身体の細胞は7年すべて入れ替わる・・・という話から、

身体だけは変化し続けているのに、中身が変わらないなんてとても不自然な話だ、

自然体でいるためには、いつまでも変化し続けなくてはいけないよ。

 

というような話をしてくださいました。

必要な時に必要な言葉をくれる人というのがいるものです。

子供達の成長に感心するばかりでなく、

私自身も学び続け、成長し続けていきたいと改めて考えさせられました。

 

                  フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記  投稿日時: 2016年10月18日 00時00分

駅前教室開校記(18)

夏期講習最終日。

 

あいにくの雨の中、課外学習「作文写生大会」を開催し、

小学生~大学生(寺子屋教室の乙竹先生が手伝いに来てくれました!)までの8人で善福寺公園へ行きました。

 

初めての企画講座、ということでわたしはかなり緊張して臨んだのですが

教室の外で勉強すること、目に映る景色をそのまま言葉にすること、

どちらも開校前からやってみたいと目論んできた企画だったので、実現できてよかったです。

 

課外学習の作文といえば、、

 

「善福寺公園に行った。雨だったけど楽しかった。」

 

といった型通りの文になりがちですが、

 

「灰色の空。北向きの風。オーケストラのようにひびくカエルの声。緑茶のように濁った池。バームクーヘンのように広がる波紋。」(←実際に書いてもらったものです)

 

など、今回書いてもらったような情景描写をいくつか文章に含ませるだけで、

その場の状況、書き手の感じ方が伝わる文章に変わります。

 

また、原稿用紙の前で文を構成するのが苦手な生徒さんでも、

景色を写し取るつもりで文章を書くと筆が進む、ということがあります。

勉強は座学だけじゃない!と体感してもらうのも授業の目的です。

 

今後も長期休みの際には、企画講座を実施していきたいと思います。

 

フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻駅前教室担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室日記 西荻駅前教室開校記  投稿日時: 2016年8月29日 00時00分

駅前教室開校記(17)

夏期講習。

小学校高学年向けの精読教室では、マーク・トウェイン「トムソーヤのぼうけん」を読み進めました。

 

今回は読了後に

「共感できた箇所」「重要な箇所」「表現がおもしろい箇所」「疑問がのこった箇所」

にそれぞれ、4色の付箋を貼ってもらうことに。

真っ白だった自分の本が、カラフルに飾られていくのは気持ちが良い作業のようで

皆夢中になって読み返しながら、ペタペタと付箋を貼っていました。

 

どうしてそこに付箋を貼ったのか、理由を問いながらメモを作成していくと

それが夏休み課題の強敵「読書感想文」の下書きとなります。

 

同じ本を読み進めていたはずなのに、子どもによって気になる箇所はまったくちがっていて

最終日には、たくさんの付箋が貼られた本にも、付箋をもとに書かれた感想文にも

それぞれのカラーが出ていました。

 

いたずらを繰り返して怒られてばかりいる主人公トムの心情、

トムを叱りつけながらも、怒られているトムに同情するポリーおばさんの心情、

学校に行かず、遊んで暮らしているハックにあこがれる子どもたちの心情、

そんなハックと近づくなという大人たちの心情、、、

どれも複雑な心情のようであっても

子どもたちには、思い当たるところがあるようで

「共感できた」付箋をたくさん貼ることができていました。

 

たとえば、

学校をさぼりたい朝に、自分が病気にならないかと期待するトムへの共感を

日常生活で語るのは、褒められるべき態度ではないかもしれません。

 

けれど、自分の中にもそんな部分があることを認めること、

そのことを文章で素直に表明できることが、

読書感想文の中では認められ、時には評価にすらつながります。

 

そんな感想文ならではの自由な楽しさを伝えられるようにと意識して

授業を進めました。

 

参加した一人の生徒さんが、読書感想文に

「トムはいたずらばかりしているけど、本当に大切なことを知っている」

と書いているのが印象的でした。
 

そう感じ取れるのは、

彼女自身もきっと「本当に大切なこと」をわかっているからにちがいないのですが

では、「本当に大切なこと」とは何なのだろう?

と、言葉にしようとするととても難しい。

 

しかし、そんな正解のない問いの答えを

一行でも納得して書き進めるができたならばそれが

文章の「個性」になるのではないかと思います。

 

付箋付きの本はぜひ、本棚にそのまま残しておいて

何年か後に「小学生の頃、ここに付箋を貼ったのはなぜだろう??」と思い返しながら

もう一度読み返してみてほしいです。

 

今年も「甘いっ子」のかき氷を食べそびれたまま

あわあただしく夏休みが終わってしまいました。

来年の夏の楽しみに残しておきます。

 

                  フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室 山田

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室日記 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2016年8月29日 00時00分

台風による休講について

本日、台風のため宮前教室、駅前教室ともに午前中の授業は休講とさせていただきます。

午後の授業も休講とする場合は、改めて個別にご連絡いたします。

 

                            フィロソフィア国語・寺子屋教室

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類  投稿日時: 2016年8月22日 09時05分

お申込み打ち切り講座のお知らせ

夏期講習へのお申込みありがとうございます。

以下の講座は、お申込みを打ち切りましたのでご了承ください。

(※8月1日更新)

 

8月1日~3日 13:00~15:00 小学国語発展A

8月11日~13日 15:00~17:00 夏の精読教室S

8月11日~13日 17:00~19:00 小学国語発展B

 

他の講座はまだお申込み可能です。

お電話には出られない可能性が高いので、

講座案内」をご参照の上、メールでお気軽にお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2016年8月1日 13時23分

一般公開講座のご案内

 

8月7日に駅前教室で一般公開講座を開講します。

テーマは「『国語』の成立」です。

 

現代私たちが使っている日本語の書きことばは、

様々な論争や実験を経て明治30年代に成立しました。

 

同時期に、学校教育の場においても

「標準語」としての「国語」の概念が定着し、

小学校の学科に「国語科」が登場します。

 

言語政策、教育、文学の観点から

日本語と国語教育の歴史を探り、

多様であった日本語表現が一つの規格へと収斂していく様を確認します。

 

「国語」はどのような狙いから生み出され、

何を可能にし、何が失われたのかを、

皆さんと一緒に考えたいと思います。

 

意欲的な中高生はもちろん、

一般の方のご参加も広く歓迎します。

8月7日 10:30~12:30

教室場所は駅前教室で、参加費は無料です。

お気軽にご参加ください。

 

 

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 一般向け企画  投稿日時: 2016年7月23日 18時41分

夏期講習のご案内

2016年度夏期講習のお申込みを受け付けます。

講座案内」をご参照の上、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2016年7月1日 16時02分

駅前教室開校記(16)

冷酒の季節・・ということで仕事後の食事会。

塾長・寺子屋教室の講師とともに、

西荻駅前の「肉寿司」さんに、お邪魔しました。

 

若い講師たちは、生肉に目を輝かせていましたが

私としては、

教室もついに、宴会を開けるほどの「組織」になったのだなぁ

ということに、こっそり感無量でした。

 

開校準備をしていた1年前にはとても、

考えられない光景です。

 

教室では生徒や授業の話ばかりをしているので、

講師たちのプライベートな話をゆっくりと聞くことのできる

貴重な時間ともなりました。

 

地元の話、研究の話、進路の話など、

自己紹介をしてもらいながら

ここぞ!とばかりに質問をくり返していると、

面接官のようだと怒られてしまいました。

 

困らせるつもりはないのですが、あれこれ質問していくと、

ふとした返答にその人らしさを知れるということもあって、おもしろいので

私はこういう場面で、矢継ぎ早に質問ばかりしてしまいます。

 

年下ながら皆、いろいろなことを考えて生活しているのだなあと

学問や自身の将来への真摯な姿勢に刺激を受けながら、

よいメンバーが集まってくれたことを改めてうれしく思いました。

 

ところで、生肉を食べた後は何となく

自分が野性的な生き物になったような気がしました。

血がみなぎります・・

 

          フィロソフィア国語・寺子屋教室 西荻窪駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記  投稿日時: 2016年6月18日 00時00分

夏期講習の日程予定

今年度の夏期講習は、以下の日時に開講する予定です。(若干の変更があるかもしれません。)

各講座の詳細は今月末に公開予定の「夏期講習 講座案内2016」でお知らせし、

同時にお申込みの受け付けを開始いたします。

※一部、時間割を変更しました。

 

● 坂爪担当講座(主に宮前教室で開講しますが、高校生向けの講座の一部は駅前教室で開講します。)

8月1日~3日

9:00~10:30  小学国語基礎A(小1~小3)

10:30~12:00 小学国語標準A(小4~小5)

13:00~15:00 小学国語発展A(小5~小6)

15:00~17:00 中学国語発展A(中2~中3)

17:30~19:30 現代文読解A(高1~高3・駅前教室)

19:30~21:30 古文読解A(高2~高3・駅前教室)

 

8月7日 10:30~12:30 一般公開講座(駅前教室)

 

8月8日~10日

9:00~10:30  小学国語基礎B(小1~小3)

10:30~12:00 小学国語標準B(小4~小5)

13:00~15:00 夏の精読教室A(小5~中2)

15:00~17:00 中学国語発展B(中2~中3)

17:00~19:00 センター現代文特訓A(高2~高3)

 

8月11日~13日

10:00~12:00 難関大記述特訓A(高2~高3)

13:00~15:00 古文読解B(高2~高3)

15:00~17:00 夏の精読教室S(中3~高2)

17:00~19:00 小学国語発展B(小5~小6)

 

8月15日~17日

10:00~12:00 難関大記述特訓B(高2~高3)

13:00~15:00 夏の精読教室B(小6~中3)

15:00~17:00 夏の文法教室(小6~中3)

17:30~19:30 漢文読解A(高2~高3・駅前教室)

19:30~21:30 現代文読解B(高1~高3・駅前教室)

 

8月21日~23日

9:00~10:30  小学国語基礎C(小1~小3)

10:30~12:00 小学国語標準C(小4~小5)

13:00~15:00 小学国語発展C(小5~小6)

15:00~17:00 中学国語発展C(中2~中3)

17:30~19:30 古文読解C(高2~高3・駅前教室)

19:30~21:30 センター現代文特訓B(高2~高3・駅前教室)

 

8月29日~31日

10:00~12:00 小学国語発展D(小5~小6)

13:00~15:00 夏の精読教室C(小6~中2)

15:00~17:00 中学生国語発展D(中2~中3)

17:30~19:30 漢文読解B(高2~高3・駅前教室)

19:30~21:30 現代文読解C(高1~高3・駅前教室)

 

 

● 山田担当講座(すべて駅前教室で開講します。)

8月1日~3日 

10:00~12:00  夏の精読教室④(中1~中3)   

13:00~14:00  小学国語基礎①(小1~小4)

14:00~16:00     夏の精読教室①(小4~小6)

 

8月4日~6日

9:30~10:30   小学国語基礎②(小1~小4) 

10:30~12:00  小学国語標準①(小4~小6)

13:00~15:00  中学国語標準①(中1~中3)

15:30~17:30  詩と言葉(全学年)

 

8月8日~8月10日

10:00~12:00  夏の精読教室②(小4~小6)

13:00~15:00    夏の作文教室①(小4~小6)

15:00~16:30    精読・作文入門(小2~小4)

16:30~19:00    小論文入門①(中1~中3)

 

8月15日~17日 

9:30~10:30   小学国語基礎③(小1~小4) 

10:30~12:00  小学国語標準②(小4~小6)

13:00~15:00  中学受験国語特訓②(小5~小6) 

15:30~17:30  中学生精読教室⑤(中1~中3)

 

8月18日~20日

10:00~12:00  夏の作文教室②(小4~小6)

13:00~14:00  夏の精読教室③(小4~小6)

14:00~16:00  小論文入門②(中1~中3)

16:00~18:00  小論文・記述特訓(高1~高3)

 

8月22日~24日 

10:00~12:00  中学国語標準②(中1~中3)   

13:00~14:00  小学国語基礎④(小1~小4)

14:00~16:00  夏の作文教室③(小4~小6)

16:00~17:30  小学国語標準③(小4~小6)

 

8月25日~27日

9:30~10:30   小学生基礎⑤(小1~小4) 

10:30~12:00  小学国語標準④(小4~小6)

13:00~15:00  中学受験国語特訓②(小5~小6) 

15:00~17:00   現代文読解(高1~高3)

 

8月28日

9:00~12:00  写生作文教室(全学年・課外授業)

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2016年6月13日 16時25分

駅前教室開校記(15)

小学生基礎の読解問題を作成する時、

よく使用しているのが「イソップ童話」です。

 

すこしまぬけな人間や、動物たちにまつわるエピソードと

そこから得られる教訓が語られているのが「イソップ童話」の特徴です。

 

例→まとめ

 

という、基本的な型の文章は、読み慣れておくと他の文も読みやすくなります。

 

また、イソップ童話から学べる教訓は、日本のことわざや四字熟語にも通じるものが多く、

たとえば「ウサギとカメ」を読みながら「油断大敵」といった言葉の意味をいっしょに学ぶことで、

知識を広げながら、物語の理解を深めることもできます。

 

ちなみに、「ウサギとカメ」を読んでもらった後で

競走に負けたウサギへの、慰めの言葉を考えてもらいました。

 

物語の最後に

「またがんばればいいよ!」

と、声をかけてあげたならば

不思議とウサギもそんなに悪い奴じゃないという気がしてくるものです。

 

そんな自己暗示のような想像力も

大切な言葉の力だと、私は思っています。

 

短い作品ながら大人が読んでも考えさせられる作品、楽しめる作品がそろっていて、

おすすめの教材です!

 

              フィロソフィア国語教室 西荻窪駅前教室担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2016年6月10日 00時00分

駅前教室開校記(14)

ゴールデンウィークは1週間のお休みをいただきました。ありがとうございました。

 

久しぶりにカレンダー通りの休みだったので、大学時代や同郷の友人、前職の同僚など、

同年代の友人たちと、ゆっくり話をする機会をもつことができました。

かつて一緒にぐだぐだと過ごしていた友人が、それぞれの業界で活躍している話を聞くと

感覚にそぐわない時の流れ(えっもう●●年も経ったのか・・というような衝撃)を感じつつ、

よい刺激をもらえます。

 

年齢と経験を重ねるごとに、話をするだけで初心に帰れるような存在の大きさを知り、

一期一会とは出会った時よりも、振り返った時に実感するものなのだなぁと気づかされます。

 

連休明けの子どもたちは、嬉しそうに旅行先の話や、観てきた映画の話などをしてくれるので、

私もたくさんの場所に出かけたような気分になります。

振り返ることもせず、一期一会などお構いなしに新しい体験をしている姿からもまた、

よい刺激をたくさんもらっています。

 

教室は日当たりが良すぎるので、5月ながら早くも真夏のような暑さです。


                     フィロソフィア国語教室 西荻駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2016年5月9日 00時00分

2016年の合格実績

合格おめでとう! フィロソフィア国語・寺子屋教室 合格実績2016

 

〈大学受験〉

成城大学社会イノベーション学部

東京外国語大学言語文化学部

東京女子大学現代教養学部

東北福祉大学総合マネジメント学部

法政大学現代福祉学部 

山形大学養護教諭特別別科

立教大学コミュニティ福祉学部

早稲田大学国際教養学部

早稲田大学政治経済学部

早稲田大学文学部

 

〈高校受験〉

京華高等学校

佼成学園高等学校

豊島岡女子高等学校

文化学園大学杉並中学校

 

〈中学受験〉

恵泉女学園中学校

桐朋中学校

武蔵中学校

 

 

※ 大学、高校、中学の順に合格校名を五十音順で掲載してあります。

赤字は進学先です。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 合格実績  投稿日時: 2016年4月11日 22時54分

駅前教室開校記(13)

4月1日。春期講習の合間に、友人に「結婚するよー」とメールしてみました。

 

本日は講習でも「うそ」をテーマにした課題をいくつか扱いました。

 

課題文(抜粋)

 

先週の金曜日のことである。夕食の時間にお母さんが、わたしのきらいなピーマンを細かくきざんで、わたしの大好きなハンバーグにまぜて焼いてくれた。わたしがピーマンをすこしでも食べられように、そして、たくさんのえいようを取って大きくなれるようにと考えて、工夫してくれたのだ。 わたしはそれを食べた瞬間に、苦くてはきだしそうになった。さらには、ふつうのハンバーグを食べたかったのに、と思って腹がたった。 しかし、わたしのことを考えて作ってくれたお母さんの気持ちを考えると「まずい」とは言えなかった。また、お母さんにいつまでも好ききらいがなおらない子どもだとあきれられて、おこられるのもいやだった。 だから、わたしはお母さんに「おいしい」と、うそをついた。さらに「おいしいけれど、今日はおなかがいたいから食べられない。」といううそもついて、ピーマン入りのハンバーグをのこした。夕食代わりに、自分の部屋でかくれておかしを食べた。     

このようなうそは、人をだますためのものとはちがって、お母さんをいやな気もちにさせないための「気づかいのうそ」である。うそには、わるいうそとそうでないうそがあるのだとわたしは思う。

 

課題文を読んだ後で、

うそをつくのは悪いこと? それとも、うそをついてもいい時もある?? という問いに

「意見文」のかたちで考えてもらいました。

 

大人になった今でも、「うそ」の是非、「本当」との線引きについて悩むことがあります。

私としては

うそをつかなければ仕方がないこともあるけれど、 うそをつくのは「気づかい」ではない

というのが、今のところの答えです。

 

たとえば ある人に「この話、内緒ねー!」と言われた後で

ほかの人に「ねえ、ねえ、あの話、知ってるー??」なんて聞かれた時は、 困ってしまいますね。

 

この場合はおそらく、知らないふりという、うそをつかなければならなくなってしまうけれど

単純に、うそをついた人がわるいというよりは

内緒話を持ちかけた人が、相手にうそをつかざるを得ない状況をつくってしまっているという意味で

「気づかい」が足りていないのかな、と考えることができます。

 

課題文も、子どもに「好き嫌いをなおさないとおこられる」と思わせてしまっている大人の接し方に

「気づかい」が足りない可能性もあるのではないか と、

大人としての反省につなげて、考えることもそうです。

 

子どもにうそをつかせないために、大人ができる「気づかい」は何か、

私自身も子どもと接する中で、日々考えさせられます。

 

・・このように、「うそ」は考察してみるととても面白いテーマです。

エイプリルフールのたのしい「うそ」は大好きですが、明日からは素直に生きていきたいと思う今日この頃です。

 

                                フィロソフィア国語教室 西荻窪駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2016年4月2日 00時00分

春期講習のご案内

 

春期講習は宮前教室・駅前教室それぞれで開講いたします。

以下の講座案内をご参照の上、お申し込みやご質問は、メールやお電話でお気軽にご連絡ください。

春期講習2016 宮前教室 講座案内

春期講習2016 駅前教室 講座案内

春期講習2016 講座一覧

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2016年2月24日 15時59分

駅前教室開校記(12)

コタツが恋しい季節。中学生精読教室では、芥川龍之介「蜜柑」を扱いました。

 

http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/43017_17431.html

 

「蜜柑」は、人間が主観的に世界を捉える時の、偏狭さ、危うさ、脆さを本当に見事に描きだしている作品で

とくに、暗いトンネルを抜けた汽車から蜜柑が投げ出される瞬間の風景描写と、

「私」の暗い人生観に一すじの希望が垣間見える瞬間の心理描写が重ねられて描かれる後半場面は

美しくて、読むたびにうっとりとしてしまいます。

 

何気なく生きていても、稀にではありますが、

自分の信じてきた世界観がぱっと覆るような瞬間を経験することがあります。

そんな経験を重ねることが、人生に面白さを見い出す手がかりになっていくのかなと

作品を通じて、改めて思いいたりました。

 

生徒たちは、慣れない「象徴」という語彙の理解に苦労している様子でした。

年代によって違った味わい方ができる作品だと思うので

ぜひ5年後、10年後にもう一度読み返してみてほしいです。

 

                 フィロソフィア国語教室 西荻窪駅前教室 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2016年2月6日 00時00分

駅前教室開校記(11)

あけましておめでとうございます。

また、遅くなりましたが冬期講習へのご参加ありがとうございました。

 

駅前教室では、講習限定で低学年生向けの精読講座を行いました。

低学年生はじっくりと読むのが苦手・・・

かと思いきや、解説をまじえながらゆっくり読み進めることで

自分で読んだのでは意味がわからない文章からも想像が広がるようで・・

読解問題を苦手とする生徒さんにも

かえって積極的に取り組んでいただけました。

 

今回扱った教材のひとつに、夢野久作「あぶのお礼」があります。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/46716_27674.html

 

生徒さんとのやりとりはおおかた「あぶって何??」という質問から始まるのですが

読み終わる頃には、「あぶ」への親しみが生まれてきます。

 

ちょっと古めかしい言葉遣いの面白さとテンポのよさ、

ちいさなヒーローと泥棒とのお決まりのやりとりから、

昭和のマンガを読んでいるような感覚で楽しめるお話です。

 

本年も充実した授業づくり(と、定期的なブログの更新)に取り組んでまいりますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

                    フィロソフィア国語・寺子屋教室  西荻駅前教室担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2016年1月20日 00時00分

駅前教室開校記(10)

月曜・金曜日に開講している中学生の精読教室では、夏目漱石『夢十夜』を取り扱いました。

 

http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html

 

「こんな夢を見た」という一文に始まる10の短編で構成されるこの作品のうち、

本日の授業で扱った第三夜はとくに、怪談話のような不気味さを感じさせられます。

 

授業では物語のキーワードとなる「重さ」について、

さまざまな例を挙げながら説明しました。

 

責任が重い、荷が重い、胃が重い、筆が重い、足が重い、頭が重い、話が重い、罪が重い、口が重い、人間関係が重い・・・

 

ずらっと並べてみると、やはり気が重くなります。。。

 

これらの「重さ」に共通する、ずっしり、どっしりとした、不自由の感覚は

ある程度長い時間を生きてきた人間(=大人)が、

いつのまにか宿命的に背負ってしまうものです。

 

しかしこの物語では、

本来であれば「重さ」を知り得ないはずの「子ども」が

その意味を、大人以上に熟知しており

その不自然が、この物語全体を「重い話」にしているとして

物語の構造を解説しました。

 

難解な話ではありましたが、

「この話に不気味な印象を与えている要素を指摘しなさい」

という設問を授業の最後に取り扱うと、

参加した生徒さんはそれぞれに

いくつかの解答を導き出すことができていました。

 

『夢十夜』は10話どれもが充実していて、読むたびに新たな発見があります。

何度でも読み返して、自分なりの解釈を見つけながら作品を味わってほしいです。

 

               フィロソフィア国語教室 西荻窪駅前教室担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2015年12月8日 00時00分

冬期講習のご案内

冬期講習は宮前教室・駅前教室それぞれで開講いたします。

以下の講座案内をご参照の上、お申し込みやご質問は、メールやお電話でお気軽にご連絡ください。

冬期講習2015 宮前教室の講座案内

冬期講習2015 西荻駅前教室の講座案内

冬期講習2015 講座一覧

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2015年12月1日 01時38分

駅前教室開校記(9)

食欲の秋。

 

ということで、小学校高学年の「精読教室」では夢野久作「きのこ会議」を取り扱いました。

 

http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/46694_27682.html

 

多種多様なきのこが議論しあうシュールな光景を想像するだけでぷぷぷと笑える、楽しい作品です。

単純からこそ、唐突なラストシーンの続きをあれこれと考えるゆとりが残ります。

 

「理屈」という言葉の意味を理解してもらうことをねらいとして、「松茸」と「蠅取り茸」の「理屈」をそれぞれまとめてもらいました。

擬人法が多用されているので、それらを具体的で端的な言葉に事が言い換えることが、わかりやすくまとめるコツです。

 

来週は「作文教室」で学んだ「反論の技法」を用いて、きのこたちの論破を試みます。

 

ほかほかのきのこご飯が食べたくなります。

                             フィロソフィア国語教室西荻窪駅前教室担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2015年11月30日 00時00分

駅前教室開校記(8)

今日は中学時代の友人から手紙が届き

とても励まされました。

 

開校から4か月、生徒さんをはじめとする新しい出会いもたくさんあって

楽しい日々を過ごしてはいるのですが

新規事業ならではの不安やプレッシャーもあり・・

そんな時に、同じようにがんばっている仲間のことばが響きました。

ありがたや。

 

人を励ますことのできることばの条件が

文法や論理の整合性ではないことはわかります。

(小さい子どもが書いた拙い文章に

励まされるということだって、よくあるから)

 

では、何なのだろう??と考えると

それは、ことばが「想い」に相応しい表現であるか

ということなのではないかと思いいたります。

 

大人になるほどに、さまざまな経験を重ね

抱える「想い」も複雑になっていくけれど、

それを表現するためのことばを磨き、伝える努力をしてきた人のことばはやはり

心に響くものです。

 

生徒さんたちが教室で、様々な表現に触れ、文章を書くことが

いつか大切な人を励ますことのできるようなことばを持つことにつながるといいなと思います。

 

わたし自身もまだまだ、ことば足らずを痛感してばかりなので

生徒さんとともに、自分のことばを磨いていこうと思います。

 

                        フィロソフィア国語教室 西荻窪駅前教室担当 山田

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2015年11月28日 00時00分

冬期講習の日程

冬期講習の日程をお知らせいたします。

各授業の詳細については、近日中に「講座案内」を公開いたします。

 

◎ 宮前教室

12月26日~28日

 9:00~10:30 小学生基礎(1~3年生)

10:30~12:00 小学生標準(4~5年生)

13:00~15:00 小学生発展(5~6年生)

15:00~17:00 中学生標準(中学生)

17:00~19:00 現代文特訓(高校生)

 

12月29日・30日

 9:00~19:00 受験対策

 

1月4日~6日

 9:00~10:30 小学生基礎(1~3年生)

10:30~12:00 小学生標準(4~5年生)

13:00~15:00 小学生発展(5~6年生)

15:00~17:00 中学生標準(中学生)

17:00~19:00 古文特訓(高校生)

 

1月7日・8日

15:30~21:30 受験対策

 

◎ 駅前教室

12月28日~30日

10:00~12:00 中学生標準(中学生)

13:00~14:00 小学生入門(1年生~3年生)

14:00~15:30 小学生基礎(1年生~3年生)

16:00~18:00 小学生標準(4年生~6年生)

18:00~21:00 受験対策(全学年・応相談)

 

1月4日~6日 

10:00~12:00 受験対策(個別対応)

13:00~14:30 小学生基礎(1年生~3年生)  

14:30~16:30 小学生発展(4年生~6年生)

16:30~18:30 中学生発展(中学生)

18:30~20:30 現代文・小論文特訓(高校生)

 

1月7日~9日      

10:00~ 14:00 寺子屋式国語(全学年・応相談)

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2015年11月24日 22時45分

駅前教室開校記(7)

西荻窪駅前教室では

月曜日から土曜日まで、同教室にて寺子屋教室(生徒2人までの個別指導塾)を開講しています。

 

寺子屋教室は小学生から高校生までの全教科対応。

個人の目標にあわせて授業内容を組み立てつつ

東大・一橋大の大学生講師による、ていねいな学習指導を行っています。

 

私が寺子屋教室の講師たちと話していて感心するのは、

皆それぞれ、勉強の方法を驚くほどよく研究していて、

自分の勉強スタイルにプライドをもっているということ。

 

きっと、多くの大学生は定期テストや受験に突破するために

あるいは自分の探求心を満たすために

何年もかけて勉強方法を研究してきたはずなのだけれど

基本的に勉強とは孤独との闘いなので

そのノウハウを自分以外の誰に披露することも

役立てることもないまま

社会人になってしまうことの方が多いのだと思います。

 

しかし、それでは勿体ないし

自分がコツコツと努力して積み上げてきたものを

生徒さんのために役立てられることは

講師にとっても、働くことの意義や喜びを味わうことのできる

良い経験になるのではないかと思います。

 

受験勉強の苦労話や、大学で学んでいる研究の話を交えながら

生徒さんのために授業内容を一生懸命工夫する姿は

頼もしい限りです。

 

私自身は、生徒さんの希望に沿った授業を講師が自信をもって提供できるよう

生徒さん・講師、双方からのヒアリングを大切にしています。

 

講師が受験勉強を経て培ってきた力を存分に発揮できる場

それにより生徒さんが知識と勉強方法を学べる場を理想とし、

より充実した学習空間をつくっていこうと思います。

 

              フィロソフィア国語教室 西荻窪駅前教室担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2015年11月15日 00時00分

駅前教室開校記(6)

今日は教室の様子をご紹介します!

image1image2

駅前教室には小さいながら自習スペースを設け

授業のない日であっても気軽に立ち寄れるよう、

リラックスして勉強に取り組むことのできる環境づくりを心がけています。

 

                    フィロソフィア国語教室西荻窪駅前教室担当 山田

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2015年11月1日 00時00分

駅前教室開校記(5)

開校して1カ月・・・

小学校低学年生向けの基礎クラスには、たくさんの生徒さんが体験に来てくださいました!

 

体験授業では、読解・作文・文法問題の計3題を解いてもらい、それぞれの得意・不得意や読み方・書き方のくせなどをを確認します。

その中で、意外と正答率が低いのが、

 

「明日の図工ではじょおずに絵がかけた。」

を、正しい文章へと校正する問題です。

 

「じょおず」に気をとられて、

時制の不一致に気が付かない生徒さんが多いのです。

 

日本語の話し言葉では、時制を省略できてしまうことが多いので、

話し言葉に慣れていて、書き言葉に不慣れな低学年生は

大人であればすぐわかる文章の誤りにも

違和感を感じにくい傾向にあります。

 

(例えば、日常会話では

「昨日の晩ごはんは何だっけ?」「肉じゃがよー」

というコミュニケーションが行われて

「わたしたちは昨日の晩ごはんに何を食べたっけ?」「肉じゃがを食べたよ」

などと、会話していては

野暮ったくなってしまうということがあります。)

 

会話でのコミュニケーションにおいては

いらない情報を省略したうえで、行間を読めることも大切なのですが

低学年の生徒さんと会話をする時には、あえて情報を省略せず、

書き言葉のように、主語と述語を確認しながら話をすることがあります。

 

そうすることで生徒さんが、書き言葉に慣れるきっかけになるのではないか

と、期待しているからです。

 

話し言葉と書き言葉の違いを理解してもらうことが

低学年生向け授業の大切なテーマとなるので

教材も解説も、様々な方法で工夫していこうと思います。

 

                     フィロソフィア国語教室西荻窪駅前教室担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2015年10月6日 00時00分

西荻駅前教室開校記念講演 アンケート結果

9月13日の開校記念講演にご参加くださった方々に、アンケートにお答えいただきました。

一部抜粋して掲載させていただきます。

 

  • 今現在に至る塾の成り立ちが非常に良くわかりました。息子にも聞かせたかったです。                                                   

  • 江戸時代の人々の学問への志の高さに改めて感動しました。

  • 先生の私塾への愛情がよく伝わりました。

  • 勉強のやり方を考え直す機会となりました。対話形式・持ち回り講義など有意義な勉強方法が江戸時代から始まっていたのは驚きでした。

  • 寺子屋と私塾が異なることがわかりました。

  • 5人の人物が、そしてその門下生たちが「学びたい」という強い志をもって学んでいたことがよくわかりました。机に座って話を聞くのももちろん大切ですが、発言したり、自分で説明してみたり、下級生に上級生が教えた りすることで学びが深まるのだとわかったので、これらのことを実践しようと思います。

  • 全体のテーマ、5つの塾の説明、それらのつながりなどがわかりやすく、話に引き込まれました。最後に説明のあった慶應義塾の話が、日本初の塾の精神、さらにはフィロソフィア国語教室の理念に結びついていると感じました。

  • 私塾の歴史を初めて知りました。当時の人も漢文を学ぶ意味に疑問を持っていたことに驚きました。分かりやすい説明でした。

  • 私塾を通じて、江戸時代を前半・後半に分けて分析していただいたのは初めてでした。久しぶりの漢文でしたが何とか読みこなせました。

  • 日本史の勉強で名前だけ知っていた塾にどんな特色があるのか知れた。とても面白かった。

 

また、講演のご感想にあわせて「これからの塾に期待すること」というテーマでもご意見を承りましたので、こちらも一部掲載させていただきます。

 

  • 多くの塾が受験のための塾になっていると思うので、本質的な学問を学べる、詰め込みなどではない、一人一人の解き方を見ていき、他の生徒の考え方も知ることができるような塾にすることを期待しています。

  • 公教育に対して、対抗していくのか、補完していくのか、を軸に本来学問が持つ自由さ・創造性を発展させていく場として重要性を増してくると思っています。

  • 現代の学校教育に欠けていることは沢山あると思います。歴史上の偉大な先生に負けないよう、ぜひ素晴らしい私塾をお願いいたします。

  • 学校とは違い、一人一人に合わせた学びができる塾を坂爪先生、山田先生にこれからも続けていただきたいと思います。

  • 現在認められていなくても、先見性のある知識や価値観に触れられる場所 ・子供たちの受験勉強だけでなく、大人もアカデミックなことを学びなおせる場が欲しいです。

  • 受験のための塾を超えた世界がつくられること

  • 面白い学習・楽しい学習

  • 勉強が嫌いな子供でも、勉強ができるようになるためにはどうすればよいのかを教えてくれる塾

  • 学年に応じた学力を習得させたい。難しい受験用の学びでなく、基礎力をきちんと固めていただきたい。進路を目指す年齢になる時、どの道にも進める学力を身につけさせておきたい。

  • 徳のある教育ができたらいいと思います。「物質的な損得」ではなく、「善とか、良きこと」を教える場がほしいと思います。 

  • 高校までは受験が主となりますが、フィロソフィアで年に数回、卒業生を集めて討論や議論を学ぶ(江戸時代の塾のように)機会を作って頂ければと思います。

 

皆さんのご意見をご参考にしながら、より充実した学習空間をご提供できるよう尽力いたします。

ありがとうございました。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 一般向け企画 生徒・保護者の声 西荻駅前教室開校記 講習会のお知らせ  投稿日時: 2015年9月20日 00時00分

駅前教室開校記(4)

本日の「小学生精読教室」では、

宮沢賢治「注文の多い料理店」を取り扱いました。

 

宮沢賢治特有の、オノマトペについても説明。

りんごのかたちや味と、りんごということばは関係ないけれど、

オノマトペは、ことばと意味とが不可分な関係にある

という話をしてから

オノマトペを使った例文をつくってもらい

音と意味との関係を検証しました。

 

たしかに

ぽつぽつという音は

ぽつぽつとしか言い表せない

しかし、

その不自由がかえって、文章をのびのびと明るくさせる

 

表現を分析的にとらえることで

流し読みするだけでは見えてこない面白さを発見してほしい

 

そんな願いをこめながら

一行一行をゆっくりと読み進めました。

 

         フィロソフィア国語教室西荻窪駅前担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2015年9月16日 00時00分

駅前教室開校記(3)

9月13日には塾長による開校記念講演が行われ、20名ほどの方々にお集まりいただきました。

お祝いにいただいたきれいなお花が、新教室を彩っております。ありがとうございました!

写真 2015-09-15 21 01 20

「江戸時代の私塾と学者たち」のテーマで行われた1時間半の講演では、

5人の学者がそれぞれ、どのような想いで私塾を立ち上げ、どのような教育を行っていたのかが語られました。

 

江戸時代の「私塾」とは、それぞれの学者が、在野の人々に学びの場を提供するため

カリキュラムや授業内容をみずから考案・工夫して立ち上げたものでした。

現代における「塾」とは、学校の補習や受験勉強のサポートをする場として位置付けられることが多いのですが

学びの在り方を独自で研究し、提供する教育機関としての「塾」の可能性を

改めて実感させられました。

 

個人的には、かの有名な私塾も

最初は門下生が数人だけのちいさな塾であった・・という事実に励まされました。

 

先人たちに学びながら、よりよい塾をつくっていこう!

と決意した日でした。

 

             フィロソフィア国語教室西荻窪駅前担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記  投稿日時: 2015年9月15日 00時00分

駅前教室開校記(2)

西荻駅前教室が開校して1週間がたちました。

国語教室・寺子屋教室ともに、少しずつですが生徒さんが集まってくださいました。

 

体験授業後には、国語をこんなに集中して勉強したのは初めて!という声をたくさんお聞きします。

 

毎日つかっているはずの「ことば」であっても、

それとじっくりと向き合う時間は貴重なものなのだと

思い知らされます。

 

限られた時間のなかで、生徒さんが自分のことばを磨いていけるよう

充実した授業づくりを心掛けていきたいと思います。

 

         フィロソフィア国語教室 西荻窪駅前教室担当 山田

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記  投稿日時: 2015年9月12日 00時00分

駅前教室開校記(1)

西荻駅前教室担当講師の山田です!

 

9月7日より、いよいよ西荻窪駅前の新教室にて授業がスタートします。

それに先駆け、本日より駅前教室開校日記をこの場所に公開します。

 

まだ改装中の新しい教室がいつか

立派な学び舎へと成長する姿を、ご報告できればと願っています。

 

教室や授業の様子を、日々更新してまいりますので

どうぞ宜しくお願いいたします。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 西荻駅前教室開校記 駅前教室開校記  投稿日時: 2015年9月4日 00時00分

駅前教室開校記念講演のお知らせ

9月13日14時から西荻駅前教室で、開校記念講演「江戸時代の私塾と学者たち」を実施します。

一般公開の無料講座です。

興味がおありの方はお気軽にご参加ください。

 

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 一般向け企画  投稿日時: 2015年8月31日 17時52分

<教養>の現在

夏期の一般向け講座、「〈教養〉の現在」は、2015年8月16日に開講されました。

ご参加いただいた皆様に御礼申し上げます。

キケロやイソクラテスに由来するレトリックと「教養」の歴史、ユニバーサル化時代の教育のあり方、「リテラシー」の概念・・・今後も研鑽に努め、またの機会に改めてお話できれば幸いです。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 一般向け企画  投稿日時: 2015年8月31日 17時50分

夏期講習満員講座のお知らせ

夏期講習の講座のうち、満員のためお申込みできなくなりましたものを順次お知らせいたします。

他の講座はまだ人数に余裕があります。

お気軽にお問い合わせください。

 

8月20日~22日 夏の精読教室②

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2015年7月26日 19時41分

西荻駅前教室開校のお知らせ

9月から西荻窪駅前に新しい教室を開校することが決まりました。

新たな専任の講師も加わり、授業数が増え、これまでよりも多くの方が

国語教室の授業に参加できるようになります。

とくに中央線沿線の方には、通いやすい教室になると思います。

自習スペースも用意し、様々な新たな企画も試みる予定です。

塾としてのサービスと質の向上にいっそう努めます。

西荻駅前教室の詳細については、お気軽にお問い合わせください。

※ 開校案内のチラシ原稿

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 未分類  投稿日時: 2015年7月22日 20時19分

夏期講習のご案内

大変お待たせいたしました。

夏期講習のお申込みを受け付けます。

リンク先の「講座案内」をご参照の上、お問い合わせください。

ご質問やご相談はメールまたは電話でお気軽にご連絡ください。

(※お電話に出られない場合は、留守電にメッセージをお残しください。)

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2015年7月4日 20時18分

夏期講習の日程

夏期講習のスケジュールが決まりました。

こちらをご覧ください。 → 夏期講習日程表2015

各講座の詳細については、近日中に「夏期講習 講座案内2015」を公開いたします。

... 詳細ページ

投稿者: フィロソフィア国語教室   カテゴリー 講習会のお知らせ  投稿日時: 2015年6月15日 14時33分